クリミナル・ミッション | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

油断してると騙される?怪演が光るクライム・ムービー!!


2016年1月12日公開
監督:ジャッキー・アール・ヘイリー
出演:ジョン・トラボルタ
マイケル・ピット
ダン・スティーブンス 他


【賛否両論チェック】
賛:犯罪に慣れていない4人のドタバタに、不謹慎ながら笑ってしまう。油断していると、意外などんでん返しにも1本取られる。
否:コメディなのかシリアスなのか、若干どっちつかずで、戸惑いそう。必要性を感じないラブシーンもあり。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・殺害シーン等あり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも



 ひょんなことから、犯罪に手を染めることになってしまった普通の男達を描いた、コメディタッチのサスペンスです。


 高校時代の同級生・マシューが交通事故で亡くなり、葬儀に参列したザック・ウォーレン・ブレイスの3人。その後立ち寄ったレストランで、高校の頃はいじめられていたノアと再会するのでした。最近亡くなった父親が資産家だったノアは、今は不動産の仕事をしており、立派に恋人もいるとのこと。そんなノアはふと、会計士の親族が担当している製薬会社ビデクスコが、近々新薬を開発することを口にします。それを聞いたザックは、インサイダー取引を思いつくのでした。


 早速彼らは、ノアに20万ドルを用意させ、投資会社に勤めるザックの力で、ビデクスコの株を大量に入手。後は新薬開発が発表され、株価が上がったタイミングで売り抜ければ、彼らには大金が転がり込むはずでした。ところがしばらくして、ニュースを見たザックはがく然。ビデクスコのトップが、インサイダー取引で逮捕されたとのこと。株価は一気にダウンし、紙切れ同然になってしまうのでした。


 しかし、本当の悲劇はここからでした。会社の駐車場で、突然拉致されたザック。その後解放されますが、男達は翌日にホテルのラウンジに来るよう言い残します。次の日、指定された場所へ集まった4人。ここでザック達は初めて、ノアが20万ドルをマフィアから借りたことを知るのでした。やってきたのは、裏社会を牛耳るエディ・スティーブ。彼は借金を帳消しにするために、4人にとあるマフィアを拉致してくるよう指示します。かくして、犯罪素人4人による、ずさんな犯罪計画がスタートするのでしたが・・・。


 犯罪は素人の主人公達が、マフィアの拉致に悪戦苦闘する様子が、不謹慎ですが笑ってしまいます。派手に抵抗されて、思わず便座のフタで殴ってしまったり、マフィアの前で思いっきり本名で呼んでしまったり、クスッとなってしまいます(笑)。


 かと思って油断していると、予想を大きくひっくり返すラストに、衝撃を受けます。演者さん達の怪演に騙されること請け合いです。


 ツボにはまれば痛快なクライム・ムービーです。



【ワンチャン・ポイント】
※ダン・スティーブンス・・・本作では、ひ弱な元いじめられっ子・ノア役。「ザ・ゲスト」で、謎めいた訪問者を好演された方で、最近では「ナイト・ミュージアム エジプト王の秘密」での中世の騎士役や、「誘拐の掟」での実業家役でもお馴染みですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>