INFINI/インフィニ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予測出来ない恐怖。未知の惑星が投げかける、人間の本質。


2016年1月16日公開
監督:シェーン・アベス
出演:ダニエル・マクファーソン
グレース・ファン 他


【賛否両論チェック】
賛:予想出来ない展開の連続に、ハラハラさせられる。後半になるにつれて明らかになってくる、人間の持つ本質にも、考えさせられるものがある。
否:ストーリーを理屈で考えようとするとかなり難しく、ツッコミどころも満載。グロシーンもあり。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・あり

怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 貧困層が宇宙で働く近未来の世界で、突如発生した謎の感染を描きます。


 物語の舞台は、23世紀。人類の9割が貧困層に転落した世界では、人々は宇宙にその労働の場所を移していました。科学技術の進歩により、志願者の中枢神経に装置を埋め込み、そこに働きかけることによって、異星間同士の移動が可能になっていましたが、それは同時に、精神崩壊や感染症といった、危険に満ちたものでもありました。それでも貧困層の人々は、そうした危険な仕事に、日々従事せざるを得なくなっているのでした。


 主人公のウィット・カーマイケルも、その1人。身重の妻・リサを地球に残し、その日も彼は他の惑星での作業に従事するべく、西本部に出勤していました。しかし、新しく加わった小隊で、出発の準備をしていたまさにその時、事件は起こります。とある惑星から他の小隊が帰還してきますが、彼らは半狂乱に陥っており、本部内で銃を乱射。壮絶な銃撃戦の末、西本部は全滅してしまうのでした。唯一カーマイケルだけは、仲間がとっさに設定した座標へと飛ばされますが、そこは半狂乱になった小隊が行っていた惑星“インフィニ”でした。


 同じ頃、総本部でも動きが。インフィニで、15人の調査員のうち14人が死亡するという事件が起きたとのこと。インフィニには、揮発性の極めて高い鉱物“オパール”があり、それが地球へと来てしまうようなことがあれば、大惨事になってしまうため、それを阻止するべく、作戦部隊が編成されているところでした。同時に、カーマイケルがインフィニに飛ばされたという情報も入ってきており、部隊はカーマイケルの救出も任されます。かくして、現地へと転送された作戦部隊でしたが、そこで待っていたのは、想像を絶する“感染”の恐怖でした・・・。


 未知の惑星が舞台とあって、観ている方も予想が出来ない展開に、引き込まれます。未知の鉱物“オパール”の正体や、それによって如実に露わになる人間の本質にも、思わず考えさせられるものがあります。


 一方で、話を理屈で理解しようとすると、難しくてツッコミどころもかなりありそうです。


 SFが好きな方は、観ておいて損はないかと思います。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>