鉄拳 Kazuya's Revenge | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

格闘シーンは必見。独特の世界観のアクションムービー!!


2016年1月9日公開
監督:カオス
出演:ケイン・コスギ
ケイリー=ヒロユキ・タガワ 他


【賛否両論チェック】
賛:絶望的な状況下でにあって、自身の運命を自分の手で切り開いていく主人公の姿が痛快で、カッコイイ。身体能力を駆使したアクションも圧巻。
否:お話そのものはかなり荒唐無稽で、人によっては全く面白くないかも。なんらかの事前知識も、あった方がいい。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし



 格闘ゲームを基にした、新たな実写映画化です。主演はケイン・コスギさん。


 物語は、富裕層と貧困層で分けられた世界。富める者達は、“鉄拳シティ”と呼ばれる裕福な街で暮らし、壁によって隔てられた外の世界では、貧しい者達が暮らしていました。主人公の青年(ケイン・コスギ)が目覚めると、そこはとあるアパートの一室で、青年は一切の記憶を失っていました。状況が飲み込めない彼の下へ、突如大勢の兵士達が押し入ってきます。彼はとっさに反撃し、桁外れの身体能力で逃走します。しかしその直後、謎の女性が運転する車にはね飛ばされ、彼は気を失ってしまうのでした。


 青年が再び目覚めると、彼は縛られており、周りには武装した男達の姿が。そこへやって来たのは、“牧師”と呼ばれるスラム街のボス。体内に遠隔操作式の爆弾を埋め込まれた青年は、“K”と名付けられ、牧師の下で暗殺者として鍛えられることになります。訓練の過程でも、「失敗すれば死」という壮絶な状況下の中で、Kはすぐにその頭角を現していくのでした。暗殺者の中には、あの謎の女性、ローナ・アンダースの姿もあり、Kはやがて、彼女と信頼関係を築いていきます。


 その後、Kは牧師の指示の下、鉄拳シティに潜入。アジトとして、とあるアパートを借りることになります。そこで彼が出逢ったのは、隣りに住むローラという女性。彼女がチンピラに絡まれているのを助けたのが縁で、2人は次第に惹かれ合っていきます。そんなKの様子に、ローナは
「彼女には近づかない方がいい。」
と忠告するのでした。その後、いくつかの暗殺を実行していくKでしたが、やがて彼は、自身の壮絶な過去についても、徐々に思い出すことになっていくのでした・・・。


 格闘ゲームが原案とあって、壮絶なアクションシーンが満載です。命懸けの任務を命じられながら、決して捨て駒にされることなく、自らの運命を切り開こうともがく主人公の姿が、印象に残ります。さすがケイン・コスギさん、似合いすぎていて、メチャメチャカッコイイです(笑)。


 展開や登場人物、世界観なんかはかなり荒唐無稽で、ツッコミ始めると途端につまらなくなってしまいそうですので、〝鉄拳”に興味のある方は、是非ご覧になってみるとイイかと思います。



【ワンチャン・ポイント】
※ケイン・コスギさん・・・本作の主演。言わずと知れたアクション俳優さんで、最近では「ニンジャ・アベンジャーズ」に出演されています。今年は何といっても、実写映画化される「テラフォーマーズ」にも出ていらっしゃるそうなので、そちらにも注目です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>