ラバランチュラ 全員出動! | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これぞ真のヒーロー。ぶっ飛んだ世界観の痛快ムービー!!


2016年1月5日公開
監督:マイク・メンデス
出演:スティーヴ・グッテンバーグ
ニア・ピープルズ 他


【賛否両論チェック】
賛:家族を守るために奔走し、強敵を次々と打ち破っていく主人公が痛快そのもの。家族の絆も印象的。
否:ストーリーはかなり無茶苦茶で、ツッコミ出すとキリがない。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・殺害シーン等多数あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・ラバランチュラのシーンは結構怖いかも



 落ち目のアクションスターが、突如出現した巨大グモの脅威と戦います。


 主人公は、ハリウッドスターのコルトン・ウェスト。かつてはヒーロー映画「レッド・ロケット」で一世を風靡したものの、今は完全に落ち目。その日も彼はB級のスパイ映画の撮影に加わっていましたが、馴染みの監督と、
「この後息子のワイアットと野球観戦に行く約束をしているので、それまでに撮影を終わらせる。」
と言っておいたにも関わらず、その約束は完全に無視されてしまいます。怒ったコルトンは撮影を放棄し、帰宅。監督とは喧嘩別れになってしまうのでした。


 ところがコルトンは、帰り道の高速道路で渋滞にはまってしまいます。するとそこへ、妻のオリビアから電話があり、
「ワイアットは、怒って友達と遊びに行ってしまった。」
とのことでした。と、次の瞬間、巨大な地震が発生。高速道路から程近い火山が噴火し、溶岩が飛散します。しかしその直後、コルトンは自分の目を疑います。飛んできた溶岩の中から、人間と同じくらいの大きさの巨大なクモが出現し、火を吹きながら人々を襲い始めたのでした。


 逃げ惑う人々の中、なんとか車でクモを振り切ったコルトンでしたが、自宅へ帰ってみると、ワイアットは既に出かけてしまった後。コルトンは、クモの脅威をオリビアに訴えますが、オリビアはあまり信じていない様子。それでもコルトンはライフルを引っ張り出してくると、再び車でワイアットを探しに向かうのでした。


 その頃ワイアットは、友人達と自転車を乗り回していましたが、そんな彼らの近くでも、大きな爆発と共に、地面に巨大な穴が開きます。興味津々に近づくワイアット達でしたが、すぐにそこから巨大グモが出現。ワイアット達も命からがら逃げ出すのでした。一方、自宅で2人の帰りを待つオリビアにも、巨大グモの脅威が迫りつつあるのでしたが・・・。


 未曾有の危機で離ればなれになってしまった家族が、再会するために奔走する展開は、なんとなくドウェイン・ジョンソン主演の「カリフォルニア・ダウン」にも通じるものがありますね。とはいえこちらは、無数の火を吹く巨大グモ“ラバランチュラ”が相手とあって、世界観はかなりぶっ飛んでいます(笑)。


 それでも、愛する家族を守るため、ラバランチュラを次々になぎ倒しながら突き進む主人公の姿が、すごくカッコよく映ります。


 CGを使いまくりのアクションには、好き嫌いが分かれそうな気もしますが、何も考えずに観られる娯楽作品です。気になった方は、チェックしてみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>