杉原千畝 スギハラチウネ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

〝紙切れ1枚”が救った命。壮大なスケールで伝える、命の尊さ。


2015年12月5日公開
監督:チェリン・グラック
出演:唐沢寿明・小雪 他


【賛否両論チェック】
賛:戦争下、〝紙切れ1枚”で救える命があったこと、そしてその命を政府に背いて救い続けた主人公に驚かされ、感動させられる。戦争の悲惨さを、マクロな視点から痛感。
否:戦争による虐殺シーンなんかが結構あるので、苦手な人には不向きかも。上映時間もやや長めか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・虐殺シーンは少し怖いかも



 第二次大戦下、日本政府に背いてユダヤ難民にビザを発給した、実在する外交官の姿を描いた作品です。主演は唐沢寿明さん。


 物語の始まりは、昭和30年の東京・外務省。やって来たユダヤ人のニシェリは、1枚のビザを手に、“スギハラ・センポ”という外交官を探していました。しかし応対した関満(滝藤賢一)は、
「過去にも現在にも 、そういう名前の外交官は、存在した記録がない。」
の一点張りで、そのままニシェリを追い返してしまうのでした。


 時代は遡り、昭和9年。その人物の姿は、満州鉄道の列車の中にありました。追いかけてきたソ連のスパイに追いつめられますが、協力者の女性・イリーナに助けられ、事なきを得ます。杉原千畝(唐沢寿明)はその足で、陸軍の南川(塚本高史)に情報を渡すと、協力者達と共に、満州鉄道の車両基地へと向かうのでした。折しも日本は、ソ連と満州鉄道譲渡の交渉の真っ最中で、その夜にもソ連の工作員が鉄道の車両を強奪するとの情報を、杉原は得ていたのでした。南川率いる陸軍の協力もあって、無事に現場を押さえた杉原でしたが、南川は
「写真があれば証拠は充分だ。」
として、工作員を射殺してしまいます。しかも南川は、
「抵抗しなければ危害は加えないという約束では!?」
と憤慨する杉原に対し、
「これで彼らが抵抗したことになる。」
と、イリーナ以外の協力者達も全員射殺してしまうのでした。


 満州での一件は、杉原の手柄となりますが、憤りを隠せない杉原は、辞表を提出しようとします。しかし慰留され、1度日本に帰国することに。久しぶりに日本に帰って来た杉原は、親友の菊池(板尾創路)と飲み明かし、その日は彼の自宅に泊まります。ふすま越しに菊池に話しかけながら、
「俺は世界を変えたいと思っている。」
と語る杉原でしたが、返事はありません。何気なくふすまを開けてみると、そこにいたのは菊池ではなく、着替え中の菊池の妹・幸子(小雪)でした。翌朝、幸子に名刺を渡した杉原は、彼女が
「すぎはら・・・ちうねさん。」
と正しい読み方をしたのに驚きます。そんな2人が愛し合い、結婚するまでに、それほど時間はかかりませんでした。


 昭和14年、杉原夫妻の姿は、バルト3国の1つ・リトアニアにありました。ヨーロッパ進出を伺うソ連に対し、西側からその動向を探る最前線として派遣された杉原は、早速日本領事館を構えます。ドイツ系リトアニア人のグッジェや、ナチス・ドイツに祖国を追われ、ビザを求めて接触してきたポーランド政府のスパイ・ペシュらを雇い入れた杉原は、ドイツやソ連の情報を収集していきます。しかしその後、ドイツはソ連と不可侵条約を結び、ヨーロッパへと勢力を拡大します。そしてリトアニアには、ポーランドを追われたユダヤ難民達が溢れ返り、ビザを求めて日本領事館までやってくるのでした・・・。


 最初は、
「モスクワに行って、ソ連という国を知りたい!!」
という一心で仕事に明け暮れていた杉原が、戦争による世界情勢の悲惨さを知っていくうちに、次第に人々を救うことで〝世界を変える”力になっていく姿が、感動を誘います。杉原自身、ビザを度々〝紙切れ1枚”と呼んでいて、そんな紙切れでも政府に背いて発給を続けたことで、多くの命が救われたという事実にも、命の尊さを痛感させられるようです。


 一方で、杉原でも助けることが出来ず、最終的には強制収容所に送られてしまった人々の姿も描かれ、戦争の悲惨さも改めて考えさせられます。また個人的には、そうした一連の杉原の功績が、つい最近まで評価されず、外務省もその存在を伏せていたという描写にも、驚かされました。


 虐殺のシーンもあり、気軽に観られる映画ではありませんが、戦争や命についてマクロな視点から考えさせられる、そんな作品です。



【ワンチャン・ポイント】
※石橋凌さん・・・本作では、満洲国外交部次長の大橋役。コワモテの俳優さんで、最近の映画では、「外事警察 その男に騙されるな」での内閣情報調査室情報官役や、「逆転裁判」での最強の敵・狩魔検事役、そして「トワイライト ささらさや」での、大泉洋さん演じるユウタロウの父役で出演されていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪