忍者狩り | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予想外のアクションと真相。スタイリッシュな新時代の時代劇!!


2015年10月24日公開
監督:千葉誠治
出演:三元雅芸・黒川芽以 他


【賛否両論チェック】
賛:記憶を回想しながら、少しずつ真実に辿り着いていく様子が、時代劇としては非常に新鮮。主人公が回想する際の描写や、壮絶なアクションシーンもスタイリッシュで、観ていてハラハラドキドキの連続。
否:同じようなシーンの繰り返しが多いので、飽きてしまいそう。グロシーンも思いのほか、結構ある。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも



 記憶を失った忍びが、裏切り者の正体を暴いていくアクションです。


 時は戦国の世。主人公・突悪(たお)(三元雅芸)が目を覚ますと、そこは洞窟の中でした。記憶を全て失っており、混乱する突悪。するとそこへ、忍びらしき男がやってきます。男に殺気を感じた突悪は、とっさに男に襲いかかり、男も応戦。ひとしきり争い合った後、男は
「あれを見てみろ。お前1人でやったんだ。」
と、洞窟の奥を指差します。突悪が視線を向けると、そこには無数の下忍達の死体が転がっていました。さらに奥へと進むと、そこにはくの一らしき女も死んでいるのでした。


 男は邪鬼(じゃき)(虎牙光揮)と名乗り、自分達は伊賀の里の幼馴染みだと教えます。彼によると、死んでいたくの一は、幼馴染みの楓衣(けい)(黒川芽以)で、彼女は甲賀の里へ潜入し、伊賀者の中にいる裏切り者を探る命を受けていたとのこと。そして、死んでいる無数の下忍達は、同じ伊賀の手の者。邪鬼は、密告を恐れた裏切り者が、密書を手に戻ってきた楓衣を殺し、突悪はそれを庇ったのだろうと見ているのでした。


 そんな邪鬼の話を、半信半疑で聞いている突悪。そして彼自身の記憶もまた、断片的に蘇りつつありました。そんな中、楓衣を放った狐野(きの)(島津健太郎)も、戻ってこない楓衣に対し、不穏な動きを見せ始めます。果たして何が真実で、誰が裏切り者なのか。やがて突悪が辿り着いたのは、思いもよらぬ真相でした・・・。


 この作品で最も大きなテーマとなるのが、「裏切り者は誰か?」そして「誰が楓衣を殺したか?」という2つ。その鍵を握るのが、冒頭の伊賀者との壮絶な死闘。記憶を失っている主人公が、折に触れて当時の記憶を思い出そうとする度に、その死闘は少しずつ様子が変わるので、次第に何が真実か分からなくなり、観ていてハラハラさせられます。記憶を何度も辿って真相に辿り着く辺りは、「ミッション:8ミニッツ」に近いものがあり、記憶が都合よく改変されていく様子は、「白ゆき姫殺人事件」に近いものがあります。


 ただその反面、どうしても同じシーンの繰り返しが多くなってしまうので、人によっては飽きてしまうかもしれません。主人公達の服装や設定も、見方によってはかなり荒唐無稽なので、苦手な人は苦手かと思います。


 グロシーンは後半かなり多めではありますが、アクション時代劇としては非常に斬新なスタイルの作品です。気になった方は、是非チェックしてみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※洞窟のシーン・・・本作の舞台となる洞窟。ヒーローモノの番組や映画でよく登場するところです。最近の映画では、トリンドル玲奈さん・篠田麻里子さん・真野恵里菜さんのトリプル主演でリメイクされた「リアル鬼ごっこ」や、北村一輝さん主演の異色の時代劇「猫侍 南の島へ行く」、そして有村架純さん主演の「ギャルバサラ ~戦国時代は圏外です~」なんかでも登場します。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪