ピース オブ ケイク | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

女心を分かってそうで分かってない?現実路線の恋愛ドラマ。


2015年9月5日公開
監督:田口トモロヲ
出演:多部未華子・綾野剛・松坂桃李 他


【賛否両論チェック】
賛:「ちゃんとしたい」という想いとは裏腹に、流されていく主人公の恋模様と、そんな中で目覚めていく確かな恋心を、等身大で表現。
否:女性目線でのストーリーではあるが、案外女性の共感は得にくい展開かも。ラブシーンがかなりあるので、デート等にも不向き。


ラブシーン・・・かなりあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 人気コミックの映画化です。恋に失敗してばかりの主人公が、隣りに住んでいるバイト先の店長と恋に落ちます。主演は多部未華子さんと綾野剛さん。


 主人公・梅宮志乃(多部未華子)は、失意のどん底にいました。バイト先のミツ(小澤亮太)と流されるまま浮気をしてしまい、オレ様気質の彼・正樹(柄本佑)とは破局。結局バイトも辞めざるを得なかった志乃は、心機一転古びたアパートへと引っ越しを決めるのでした。親友・ナナコ(木村文乃)とオカマの天ちゃん(松坂桃李)に引っ越しを手伝ってもらいながら、志乃は
「今度こそ、仕事も恋愛もちゃんとしよう。」
と、心に決めるのでした。


 そんな志乃でしたが、その日の夜ベランダに出ていると、隣りに住む菅原京志郎(綾野剛)と遭遇。滅多に風が吹かないのに、京志郎の無邪気な笑顔を見た途端、どこからともなく風が吹き抜けていきます。その瞬間、志乃はまた恋に落ちるのでした。しかし、どうやら京志郎には、同棲中の彼女・あかり(光宗薫)がいる様子。しかもメンヘラ気質のあかりは、挨拶をしてきた志乃に、冷たい態度をとります。そんな2人の関係に、志乃は複雑な心境を隠せないのでした。


 数日後、志乃は天ちゃんの紹介で、彼(彼女?)が勤めるレンタルビデオ店へ面接に訪れます。ところが、店長として出てきたのは、なんと京志郎。志乃はすぐに採用されると、京志郎がそれまで、
「女の子は危ないから・・・」
と女子は入れてこなかった遅番にも、
「あ、俺が送ってけばいいのか!」
と、シフトに入れてもらえるようになります。そんなある日、事件が発生。歓迎会で酔い潰れた志乃を、悪気なく自室に連れて帰った京志郎でしたが、2人で寝ているところに、あかりが帰宅。完全に誤解したあかりは錯乱状態になってしまい、志乃は慌てて自分の部屋へと逃げ帰るのでした。その後も、自分の気持ちを押し殺し、京志郎と接する志乃でしたが、ある日の遅番後の帰り道、とうとう押さえきれずに告白してしまいます。しかし、あかりを大事に想っている京志郎には、あっさりとフラれてまうのでした・・・。


 飾ったり背伸びしたりすることのない、等身大の女性の恋愛を、現実的に描いていきます。そんな中で、
「大嫌い。でも大好き。」
という、決して一筋縄ではいかない乙女心が、素朴に表現されています。


 しかしその一方で、一貫性のない発言や、
「本当にそう想うかなぁ・・・?」
と疑問に感じてしまう行動等、登場人物達の言動には、どうしても違和感が否めません。まぁ、それもまた人間味があるとも言えますが(笑)。ラブシーンも、思いのほか結構多い(PG-12)ので、ご注意を。


 「ピースオブケイク」の意味が、最後の最後でやっと分かる。そんな大人向けの恋愛ドラマです。



【ワンチャン・ポイント】
※小澤亮太さん・・・本作では、冒頭で主人公の浮気相手だったミツ役。どこかで見たことがあると思ったら、「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイレッド役の方でした。映画では他にも、能年玲奈さんと登坂広臣さんが共演した「ホットロード」等にも出演されていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>D


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪