岸辺の旅 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

どちらかというと和風ホラー?亡くなって初めて知る“夫婦”の形。


2015年10月1日公開
監督:黒沢清
出演:深津絵里・浅野忠信 他


【賛否両論チェック】
賛:様々な人々との出逢いを通して、生前は知らなかった夫の人物像を知っていく中で、主人公が“夫婦”について改めて見つめ直していく姿か印象的。
否:展開は極めて静かなので、退屈で眠くなるかも。内容も、見方によっては結構ホラーな印象。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・人によっては結構怖いシーンがあるかも



 3年前に行方不明になった夫が帰ってきて、夫婦でその足跡を辿る旅に出ます。主演は深津絵里さんと、浅野忠信さん。


 主人公・瑞季(深津絵里)は、ピアノの先生。いつもと変わらぬ毎日を過ごしていたある日、彼女が台所で白玉を作っていると、ふと背後に気配を感じ、振り返ります。するとそこには、いつの間にか夫の優介(浅野忠信)が立っており、瑞季は驚きます。それもそのはず、優介は3年前に行方不明になり、それきり音信不通になっているのでした。どことなく察する瑞季に、やはり優介は、
「俺・・・死んだよ。」
と告げるのでした。


 彼によると、3年前に行方不明になった優介は、富山の海に身を投げたそうで、遺体はもう跡形もなくなっているとのこと。その後も急にいなくなったり現れたりして、優介は瑞季を驚かせます。そんな優介は、どうやら瑞季だけではなく、他の人にも見えるようで、彼には帰ってくるまでの道中、世話になった人達が沢山いるとのこと。すると優介は、
「その人達のところへ旅をしよう。」
と、瑞季を誘います。かくして、2人の奇妙な旅が始まるのでした。


 まず最初に訪れた田舎町で、2人は新聞販売所を営む老人・島影(小松政夫)と出逢います。なんでも優介は、島影の下で新聞配達をしていたとのこと。2人は、親切な島影の下に泊まらせてもらうことになりますが、その夜優介は、瑞季に衝撃的な事実を明かします。実は島影は、優介と同じで既に死んでいる身。しかし本人はそれに気づいておらず、毎日新聞を配達して過ごしているのでした。そんな島影に戸惑いながらも、優介と共に配達所の仕事や家事を手伝う瑞季。やがて島影は無事に成仏していきますが、跡には実は既に廃墟となっていた販売所の面影だけが遺されるのでした。その後も瑞季と優介は、かつて優介が出逢った人達との足跡を辿り、旅を続けるのでしたが・・・。


 若干設定に無理がある気はしないでもありませんが(笑)、亡くして初めて実感する“夫婦”という存在の尊さが、不思議な世界観の中で描かれていきます。


 ただ、どうしても内容が内容なので、結構描写がホラーチックなシーンがあります。その辺り、怖いのが苦手な人には、やや向かないかもしれません。


 展開もかなり静かなので、興味を惹かれないと眠くなること請け合いです。ゆったりとした雰囲気で、大切な人をそっと想い直したい。そんなすっごく大人の方向けの作品です(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪