バクマン。 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

“王道”の舞台裏。爽やかで熱い“王道”青春ドラマ!!


2015年10月3日公開
監督:大根仁
出演:佐藤健・神木隆之介・小松菜奈 他


【賛否両論チェック】
賛:CGを駆使した細かな演出や、演者さん達のケレン味たっぷりの演技が、観ていて純粋に楽しい。競争の社会で生き抜く厳しさを痛感させられながらも、自分達の夢に向かって突き進んでいく姿が、非常にカッコイイ。
否:どうしても漫画を描くシーンの繰り返しになるので、興味や関心がないと観るのは辛いか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・血尿のシーンがあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・なし



 人気コミックの実写映画化です。漫画家を目指す高校生達を描きます。主演は佐藤健さんと神木隆之介さん。


 主人公の真城最高(佐藤健)は、ごく普通の高校生でした。特に部活にも受験勉強にも打ち込んでこなかった最高は、進路にも全く関心がなく、退屈な毎日を過ごしていました。そんな彼の唯一の取り柄は、絵が上手いこと。彼は授業中、密かに想いを寄せる同級生・亜豆美保(小松菜奈)の絵を描いているのでした。


 そんなある日、退屈な進路指導から教室に戻ってきた最高は、同級生の高木秋人(神木隆之介)が、自分の描いた美保のイラストを勝手に見ているのに気がつき、慌てます。そんな彼を尻目に、秋人は
「決めた。俺、お前と組む。俺と組んで漫画家になってくれ。」
と言い出すのでした。秋人は漫画家に憧れを抱いていましたが、文才はあるものの、自身は全く絵の才能がなかったため、絵を描ける相棒を探していたのでした。そんな秋人の提案を最高は一蹴し、帰ろうとします。ところが、踊り場で引き止めようとした秋人ともみ合いになり、2人は階段を転がり落ちてしまうのでした。するとそこへ、偶然通りかかった美保が、最高の落とした自分のイラストを拾ってしまいます。大慌ての最高をよそに、秋人はチャンスとばかり、
「俺達、漫画家になるんだ!!」
と公言してしまいます。一方の美保は、声優を目指していると専らの噂だったため、秋人は
「将来、俺達の漫画がアニメ化されたら、そのヒロインを亜豆さんにやってもらう。」
という約束を取りつけるのでした。しかしそこで、最高は何を思ったか、
「そしたら、俺と結婚して下さい!!」
と、勢い余って告白をしてしまいます。しかも美保からの返事は、
「待ってるからね。」
というもので、2人はまさに舞い上がってしまうのでした。


 実は最高の叔父は、集英社の「週刊少年ジャンプ」で連載もしていた人気漫画「バックマン」の作者・川口たろう(宮藤官九郎)。川口は8年前に急逝していましたが、アトリエはそのまま残されていたため、2人はそこで漫画を描き始めます。折しもジャンプでは、同じ高校生の天才漫画家・新妻エイジ(染谷将太)が活躍中。その存在に刺激を受けた2人は、秋人のアイディアを下に、やっとの思いで描き上げた作品「Wアース」を、早速集英社に持ち込むのでした。彼らの作品を見た編集者・服部(山田孝之)は、それぞれに細かな手直しを指示。やがて2人は飛躍的にその才能を開花させていき、ついには手塚賞の準入賞を受賞するのでした。喜ぶ秋人とは対照的に、入賞出来なかったことに、最高は不満を隠せません。やがてそんな2人は、“締切”や“アンケート”という、週刊紙の過酷な現実を突きつけられることになるのでしたが・・・。


 まさに“努力”“友情”“勝利”といった、主人公達が描こうとしている世界観が、そのまま作品の雰囲気ににじみ出ている様子が、とっても痛快です。「週刊少年ジャンプ」という最高峰の舞台に飛び込み、その厳しい現実に苦しみながらも、その中で夢を叶えようと戦い続ける最高と秋人が、すごくカッコイイです。


 また、本作のもう1つの見どころが、その個性的な表現の数々。描いた絵が動き出したり、ペンを走らせる音がそのままBGMになったりと、観ているだけで楽しい気分にさせてくれます。そして、佐藤健さんと神木隆之介さんを始め、脇を固める個性派俳優の皆さんが、一癖も二癖もあるキャラクター達を、見事に体現されています。


 沢山笑って、ホロリと泣ける。舞台は“邪道”かもしれませんが、ストーリーはまさに“王道”の作品に仕上がっています。


 ちなみにこの作品、エンディングにも遊び心が満載の仕掛けがありますので、そちらにも是非ご注目を(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※小松菜奈さん・・・本作では、ヒロインの亜豆美保役。まさに新進気鋭の女優さんで、「渇き。」での裏の顔を持つヒロイン役が有名なところです。他にも「近キョリ恋愛」での、山下智久さん演じる教師と禁断の恋に落ちる生徒役や、生田斗真さん主演の「予告犯」での、濱田岳さん演じる“ノビタ”が密かに想いを寄せる、ラーメン屋の店員役等でも出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪