チャンス商会 ~初恋を探して~ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

コミカルな序盤と、感動のラスト。笑いと涙の王道韓国映画!!


2015年9月25日公開
監督:カン・ジェギュ
出演:パク・クニョン
ユン・ヨジョン 他


【賛否両論チェック】
賛:人生最後の恋に悪戦苦闘する主人公と、打算的だが協力を惜しまない町の人々の姿が、どこか微笑ましい。最後に明かされる真実にも、思わず感動させられる。
否:ストーリーはやや強引で、無理やり感が否めない。現実派には不向き。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・おう吐シーンあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・なし



 韓国映画です。70歳を迎えた偏屈な老人の、最後の恋を描きます。


 物語の舞台は、韓国のとある田舎町。閑散としてしまった商店街を立て直すべく、町には再開発の話が持ち上がっていましたが、ただ1人それに反対し、同意書に判を押そうとしない者がいました。彼こそが、町1番の偏屈として知られる老人、キム・ソンチル(パク・クニョン)。町にある小さなスーパーマーケット「チャンスマート」で働く彼は、何かにつけてすぐに因縁をつけては、文句を言ってばかりの嫌われ者でした。


 そんな彼がある日、家へ帰ってみると、中には見知らぬ女性が。以前から、家のご飯が勝手に炊かれたりしているのを不審に思っていたソンチルは、すぐさま彼女を警察署へと連れていきます。しかし、当然警官達には笑われてしまい、らちが明きません。するとそこへ、彼女の娘だという女性・ミンジョン(ハン・ジミン)がやってきます。ミンジョンは、ソンチルの家の向かいに住むシングルマザー。ソンチルの家にいた女性は、その母親のイム・グンニム(ユン・ヨジョン)だとのことでした。警察署からの帰り、グンニムはソンチルに、
「今回のお詫びに、今度食事に誘って下さいね。」
と約束を取りつけるのでした。


 その後も、度々家の周りで出逢うグンニムに、ソンチルはいつしか心惹かれるようになっていきます。しかし、結婚を疎ましがり、ずっと1人で生きてきたソンチルにとって、女性との距離を縮めるのは容易ではありません。そんなソンチルに、スーパーの社長・チャンス(チョ・ジヌン)やその部下達は、的確なアドバイスをしていきます。次第にグンニムと親しくなっていくソンチル。しかし、そんな彼の気持ちとは裏腹に、グンニムやチャンスには、ソンチルには言えない、とある秘密があるのでした・・・。


 わがままで偏屈なのに、不器用でどこか憎めない。そんな主人公が人生最後の恋愛に奮闘する姿が、とてもコミカルに描かれます。かと思って油断していると、最後の最後で明らかになる真実に、ホロリとさせられます。


 韓国映画の王道といえば王道ですが、想像以上に感動させられること請け合いです。あまり言うとネタバレになりますので、詳しくは実際にご覧になってみて下さい(笑)。


 笑って泣ける、大人向けの作品といえそうです。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪