ピエロがお前を嘲笑う | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ラスト15分のための映画。耐えられれば圧巻の終わり方。


2015年9月12日公開
監督:バラン・ボー・オーダー
出演:トム・シリング
エリアス・ムバレク 他


【賛否両論チェック】
賛:ラスト15分の、何が真実だったのかが分からなくなる感じが印象的。非常に痛快な終わり方なのもステキ。
否:いかんせん、どんでん返しまでが単調すぎて、途中で飽きてしまうかも。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも



 天才ハッカーの青年が巻き込まれる、予測不可能な事件を描きます。


 物語の舞台はドイツ。ユーロポール(欧州刑事警察機構)に、1人のハッカーが出頭してきました。折しもドイツでは、“クレイ”や“フレンズ”といった名称のハッカー集団が、ハッキングで世間を騒がせており、捜査官達は色めき立ちますが、ベンヤミン・エンゲルと名乗ったそのハッカーは、
「停職中のハンネ捜査官を呼んでほしい。彼女になら話す。」
との一点張り。やむなく呼ばれたハンネに、ベンヤミンは自らの過去を話し始めるのでした。


 ベンヤミンの生い立ちは、不幸そのもの。父親は幼い頃に出ていき、母親は彼が8歳の時に自殺。その後彼は祖母に育てられましたが、現在祖母は認知症を患い、ベンヤミンはピザ屋の配達員をしながら、祖母を養う日々を送っていました。そんな彼には、幼い頃から片想いをしている少女・マリがいましたが、大学生になっていたマリは、試験に悪戦苦闘している様子。そんな彼女の力になりたかったベンヤミンは、持ち前のハッキング技術で試験問題を盗もうと、夜の大学に忍び込みます。ところが、あっけなく警備員に見つかってしまい、逮捕されたベンヤミンは、50時間の奉仕活動を課せられてしまいます。嫌々ながら、街のゴミ拾いをするベンヤミンでしたが、隠れて一休みしようとした彼の前に、同じように奉仕活動をしていた男・マックスが現れるのでした。ベンヤミンがハッカーだと知ったマックスは、彼をとある邸宅で開かれたパーティーへと連れていきます。そこでベンヤミンは、マックスの仲間だという男達、シュテファンとパウルに出逢います。
「腕前を見せろ。」
というパウルに対し、ベンヤミンは早速部屋のパソコンを操り、邸宅全体を停電させてしまいます。その腕前を見たマックス達は、ベンヤミンを歓迎します。その後、すぐにガサ入れのパトカーがやってきたため、彼らはすぐさま逃走。偶然パーティーにやってきていたマリも連れ、5人はなんとかパトカーを振り切ることに成功するのでした。


 マックス達の目的は、ハッキングで世界をあっと言わせることと、ネット社会で“最強のハッカー”と崇められる謎の人物“MRX”に認められること。彼らは手始めに、国民同盟という政党の集会を狙います。その計画は、偽のIDで会場に潜入したシュテファンとベンヤミンが、モニターに繋がれたパソコンを、別なWi-Fiへと繋ぎ直し、集会の際にヒトラーの卑猥な映像を流すというもの。
「大胆が勝ちだ。」
というシュ
テファンの言葉に励まされ、ベンヤミンは見事にやり遂げ、彼らの計画は成功を収めます。その模様は全世界に配信され、彼らは一躍注目されるようになります。その後マックス達は、「Clown Laughing At You (ピエロがお前を嘲笑う)」の頭文字を取って、自分達を「Clay(クレイ)」と名乗り、政治や金融の世界等を相手に、ありとあらゆるハッキング行為を繰り返すのでした・・・。


 “ハッカー”が主役の作品はいくつかありますが、本作ではネット上での接触の様子を擬人化し、電車の中の様子にして表現しているところが、なんだか斬新です。ずっと“透明人間”と言われてきた薄幸な主人公が、ネット上の社会で次第に頭角を現していく様子が、どこかぬぐい切れない悲壮感と共に描かれていきます。


 そしてこの作品では、何といっても
「絶対に見破れない。」
といった触れ込みの、どんでん返しが魅力の1つ。ラスト15分は意外性の連続で、最後まで予想が出来ない展開です。ただ難点を言えば、いかんせんそこに行き着くまでがかなり単調なシーンの繰り返しなので、人によっては途中で飽きてしまうかもしれません。その辺りは、好みが分かれそうところです。


 とはいえ、なかなか圧巻で痛快な終わり方ではありますので、ミステリー好きな方には、是非オススメです。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪