ヒロイン失格 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

邪道を極めた王道ラブストーリー。笑って泣ける青春ドラマ!!


2015年9月19日公開
監督:英勉
出演:桐谷美玲・山崎賢人・坂口健太郎 他


【賛否両論チェック】
賛:CGやゲストを駆使した小ネタの数々が、非常にコミカルで楽しい。主人公のキャラクターにも好感が持てる。
否:恋愛に興味がない人が観ると、ただただむず痒いだけで、退屈すること必至。展開も割りとありがちで、出来すぎ感がある。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・一瞬怖いシーンがあり



 人気漫画の実写映画化です。主人公の女子高生が、三角関係の狭間で揺れ動きます。主演は桐谷美玲さん。


 主人公・松崎はとり(桐谷美玲)は、同級生で幼馴染みの寺坂利太(山崎賢人)に片想いを続けている高校生。若干の妄想癖のある彼女は、利太とは結ばれる運命だと信じて疑わず、自分からアタックを仕掛ける訳でもなく、ただただ傍で見守るばかり。そんなはとりの愚痴を食堂で聞きながら、親友の中島(福田彩乃)は、
「誰かに取られちゃうよ?」
と心配していました。とそこへ、不良の怒鳴り声が聞こえてきます。ターゲットになっているのは、地味で友達のいないメガネ女子・安達(我妻三輪子)。中島によると、不良達はタバコを吸っているのを安達に告げ口され、その腹いせに絡んでいるとのこと。不良達は安達の昼食をグチャグチャにし、
「食べろ!!」
と強要します。むかっ腹を立てるはとりでしたが、怖がりな彼女には、遠くから口パクで啖呵を切ることしか出来ません。すると次の瞬間、不良達の後ろから罵声を浴びせた人物がいます。その人物こそが、他ならぬ利太でした。不良達は利太に掴みかかろうとしますが、やってきたコワモテの食堂の親父(竹内力)に、つまみ出されてしまいます。当の利太はというと、そんな騒ぎには構わず、安達と相席で昼食をとり始めます。
「私と一緒にいると、イメージが悪くなるよ?」
と言う安達をよそに、マイペースな利太は、
「他人にどう思われようと関係なくね?」
とどこ吹く風。そんな2人の様子を見て、中島は心配しますが、肝心のはとりは、安達を“六角精児”と呼び、全く眼中にない様子なのでした。


 ところが、中島の予感は的中。利太に、
「安達さんと付き合うことにした。」
と告げられたはとりは、がく然。中島に泣きつきますが、そんな彼女に中島は、
「あんたは、利太のヒロインのオーディションに落ちたんだよ。」
と、現実を突きつけます。しかし、そこで落ち込んで終わらないのが、ヒロイン妄想癖のあるはとり。
「ヒロインの座が埋まってんなら、そんなん奪い返すのみじゃん!!」
と、“悪いヒロイン”になる決意を固めます。かくしてはとりは、利太を奪い返すためにあの手この手で安達にプレッシャーをかけ続けますが、純粋な安達には全く通じず、逆に2人の中の良さを見せつけられ、思わず落胆してしまうのでした。


 ところがその後、中庭のベンチでひっくり返っていたはとりに、チャラチャラした謎のイケメン男子・弘光廣祐(坂口健太郎)が声をかけてきます。
「一応同級生なんだけど。」
という廣祐でしたが、残念ながら利太以外は目に入っていなかったはとりには、誰だか分かりません。そんなはとりをよそに、廣祐は彼女への好意をストレートに表現してきます。不覚にもファーストキスを奪われてしまったはとりは、激しく動揺。やがて彼女の心は、利太と廣祐との間で揺れ動いていくのでした・・・。


 ストーリーはザ・ラブコメディといった感じですが、本作の魅力はその描写。CGやワイヤーを駆使した小ネタの数々や、主人公の見た目が急に超豪華なゲストに変わったりと、コミカルなシーンの連続に、思わずクスッと笑ってしまいます。個人的には、“実況中継”のシーンが面白くてステキです(笑)。そして、そんな作品の雰囲気に華を添えているのが、何といっても桐谷美玲さん演じるはとりのキャラクター。可愛らしさ全開のハイテンションから、沢山の変顔、そしてなんとストリートダンスのシーンもありと、その魅力を存分に発揮されています。純粋に桐谷さん目当てでご覧になるのもアリかと思います(笑)。


 恋愛映画ですが、気になるラブシーンなんかもほぼ皆無ですので、デートで観るのはもちろんのこと、家族や友人と楽しく観るのも、是非オススメです。



【ワンチャン・ポイント】
※マンションのシーン・・・劇中、高橋メアリージュンさん演じる廣祐の元カノ・恵美の自宅として登場するマンションの一室は、恐らく長谷川博己さん主演の「ラブ&ピース」で、主人公が音楽事務所から与えられたマンションと同じところかと。奥の1段高くなったリビングスペースと、広く取られた開放的な窓が印象的です。


※増田有華さん・・・本作では、安達を毛嫌いする同級生役としてご出演。実は元AKB48の方で、映画ではDAIGOさん主演の「ウルトラマンサーガ」にも、当時の他のメンバーの方々と出演されていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>A


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪