ガールズ・ステップ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

同世代は共感必至。自由と友情を謳歌する、難しさと楽しさ。


2015年9月12日公開
監督:川村泰祐
出演:石井杏奈・小芝風花・小野花梨・秋月三佳・上原実矩 他


【賛否両論チェック】
賛:周りを気にして自分を押し殺して生きてきた主人公が、ダンスを通して自分の存在意義を確立していく様子や、仲間達と確かな絆を築いていく様子が感動的。同世代にはかなり共感出来そう。
否:熱い青春映画なので、人によっては「クサい」と感じてしまうこともありそう。いじめや妊娠等、かなり現実的なシーンも多いので、純粋な青春モノとは割り切れない向きもあるか。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・なし



 クラスの地味な女子生徒達が、ひょんなことからダンス部を結成します。主演は「ソロモンの偽証」でも活躍された、E-girlsの石井杏奈さん。


 物語の舞台は、藤沢市のとある高校。特にチアリーダー部は全国大会にも出場する強豪で、その練習には女子生徒達も羨望の眼差しを送ります。そしてもう1つ、女子生徒達のお目当ては、同じ体育館で練習をしているバスケットボール部のエース、イケメンの保(磯村勇斗)でした。そんな保を遠くから見つめるのは、彼の幼馴染みで、隣りに住んでいるあずさ(石井杏奈)。現在保には彼女がいましたが、実はあずさは幼い頃から、保にずっと片思いをしているのでした。そんなあずさは、誰にでもイイ顔をしてしまう〝八方美人”。その日もチアリーダー部の練習から帰ってきたキャプテン・結衣(松浦雅)達にパシリを頼まれ、二つ返事で引き受けてしまいます。そんな中、あずさは突然校内放送で、職員室へと呼び出されてしまうのでした。


 おっかなびっくり職員室へと行ってみると、そこにいたのは〝ジミーズ”と呼ばれるような、クラスでも浮いた者達ばかり。根暗でいつも携帯電話をいじっている愛海(小芝風花)・空気が読めない葉月(小野花梨)・ガリ勉で常に敬語で喋る環(秋月三佳)・そしてヤンキーの美香(上原実矩)の4人でした。そんな彼女達に、体育教師の藤原は、
「ダンスは必修科目なのに、あなた達は欠席した。このままでは単位をあげられないから、2週間後に開かれる『ふじさわオータムフェスティバル』でダンスを踊ること。そうすれば単位をあげる。」
と告げるのでした。突然のことに、呆気にとられる5人。そんなあずさ達の驚きをよそに、藤原はそそくさとその場を立ち去ってしまいます。


 翌日、体育館で待ちぼうけるジミーズの前に、藤原が頼んだという臨時コーチがやってきます。それは、彼女達を「JK」を付けて呼ぶ、見るからにチャラそうな謎の男・ケニー長尾(塚本高史)でした。横で練習をするチアリーダー部の冷ややかな視線を気にしながら、あずさ達は練習を開始。普段ダンスなんて全くやらない彼女達のステップは、とてもダンスとは呼べないようなものでしたが、それでもケニーは一目であずさの才能を見抜くと、彼女をジミーズのセンターに任命するのでした。その後、それなりに練習をして臨んだ本番。緊張するジミーズを、ケニーは
「楽しんでこい!!」
と送り出します。始めはぎこちなく、観客からも笑われていたジミーズでしたが、あずさが中心となり、見事に立て直します。途中から波に乗った彼女達のダンスは、観客を魅了。終わった頃にはスタンディングオベーションで迎えられるのでした。この頃から5人の心には、それまで味わったことのないような高揚感が沸き起こっていました。その後彼女達は意気投合し、ダンス部を結成。3か月後に行われる「全日本高校生ダンス選手権」を目指すことにするのでした・・・。


 いやあ、青春ですね(笑)。海で本音を語り合うシーンなんか、思わずニヤけてしまいます。誰にでもイイ顔をして、結果的に自分にも周りにも悲しい想いをさせてしまっていた主人公が、嫌々始めたダンスを通して、一歩一歩自分を大切に出来るようになっていく様子が、感動を誘います。また、そんな彼女だけでなく、同じジミーズのメンバー達も、それぞれがそれぞれに辛い想いを隠して生きてきたこと。そしてその想いが、ダンス部で喜怒哀楽を共にしていく中で、確かな友情に変わっていくまでが、実に熱く描かれていきます。


 塚本高史さん演じるケニーが主人公達に告げる、
「他人と自分を比べるな。自分の人生を生きろ。」
という言葉に、全てが表れているような気がします。


 いじめのシーンや妊娠という題材が出る等、少しリアルすぎる部分はありますが、現代らしい青春映画とも言えると思います。同世代の方々は、ぜひご覧になってみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※柳ゆり菜さん・・・本作では、主人公が想いを寄せる幼馴染み・保の彼女役。高校生同士のドロドロした恋愛模様を描いた「劇場版 うわこい」「劇場版 うわこい2」の主演や、最近では平愛梨さん主演の「呪怨 ザ・ファイナル」で、おのののかさん演じる女子高生の同級生役で出演されていらっしゃいます。今後もますますの活躍に期待です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪