ピクセル | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

誰でも1つは取り柄がある。世代でなくても楽しめる、ザ・アトラクションムービー!!


2015年9月12日公開
監督:クリス・コロンバス
出演:アダム・サンドラー
ミシェル・モナハン
ケヴィン・ジェームズ 他


【賛否両論チェック】
賛:ゲームの世界観がフルCGで見事に再現され、その圧倒的スケールに驚かされる。80年代のゲーム世代には、懐かしさ満点の描写も多数登場。親子で安心して観られるのもうれしい。
否:当時のゲームをよく知らなかったり、そもそもゲームに興味がなかったりすると、人によっては結構退屈かも。


ラブシーン・・・下ネタあり
グロシーン・・・ほんの少しだけあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし



 かつてNASAが宇宙に送った友好のメッセージ。その中にあったゲームの映像を〝挑発”と受け取った宇宙人達が、ゲームのキャラクターに扮して地球を侵略してきます。


 全ての始まりは、1982年でした。まだ少年だった主人公のサム・ブラナーは、出来たばかりのゲームセンターで、親友の〝チューイ”ことウィルと遊びまくり、その腕を磨いていました。やがてその実力は不動のものとなり、サムは同じ年に開かれた「第1回コンピューターゲーム世界大会」に出るまでに。惜しくも決勝の「ドンキーコング」で、“ファイアー・ブラスター(火炎放射器)”ことエディ・プラントに破れてしまったものの、堂々の準優勝を飾るのでした。


 やがて時は流れ、現在。ウィル(ケヴィン・ジェームズ)はなんとアメリカ大統領になっていましたが、“無能”とバッシングを浴びる日々。一方のサム(アダム・サンドラー)は、口だけは達者になっていたものの、電化製品の修理屋として、冴えない日々を送っていました。そんなある日、電化製品のセッティングを依頼されてやってきた家で、もうすぐ親が離婚するという少年・マティと出逢います。そこへ別室からやって来たのは、母親のヴァイオレット(ミシェル・モナハン)。その、マティから聞いていたのとはかけ離れた美貌に、サムは思わず見とれてしまいます。しかしすぐに元夫から、
「浮気相手と結婚する。」
という連絡が入り、ヴァイオレットはショックでクローゼットにこもり、酒を飲みながら泣き出してしまうのでした。そんな彼女を慰めるサムでしたが、イイ雰囲気になったと思ってキスをしようとしたところ、そんな気はさらさらなかったヴァイオレットには、あっさりと拒絶されてしまうのでした。


 ところが時を同じくして、グアムの米軍基地が何者かによる攻撃を受け始めます。敵は多数の正体不明の飛行物体で、襲われたものは瞬時にピクセル化してしまいます。結局基地は壊滅的な被害を受け、兵士1人がさらわれてしまうのでした。事件を受け、ウィルは何を思ったか、すぐにサムを呼び出します。ヴァイオレットに後ろ髪を惹かれながら、ホワイトハウスに向かうサム。その彼の車の後ろを、何故か車で追いかけてくるヴァイオレット。実はヴァイオレットは、他ならぬ米軍の中佐でした。彼女の正体に驚きながらも、大統領執務室に呼ばれたサムは、録音された音声と衛星写真を見て、すぐにピンと来ます。それはまるで、彼らが幼い頃に遊びまくったゲームの1つ、「ギャラガ」とそっくりなのでした・・・。


 ゲームのキャラクターが侵略してくるということで、パックマンやドンキーコングを始めとする数々の名キャラクター達が、スクリーンを所狭しと暴れまわります。街を縦横無尽に駆け回るその迫力に圧倒されます。当時のゲームを全く知らなくても楽しめそうですが、やはり知っている世代の方々からすると、
「そうそう!あったあった!」
と、感動必至の描写が満載かと(笑)。好きだったキャラクターを探してみるのも面白いかもしれませんね。


 内容としては、ゲーム以外に取り柄がなく、不遇な運命を辿っていた主人公や、大統領にはなったものの、鳴かず飛ばずでバッシングの嵐にさらされていた親友が、自分達だからこそ出来る方法で地球の危機に立ち向かっていく姿が、まさに痛快です。また、主人公のウィットに富んだセリフのやり取りの数々も、非常にユーモラスでむしろカッコイイです(笑)。


 グロシーンやラブシーンもほとんどありませんので、親子で安心してご覧いただける、まさにアトラクションムービーです。大人世代は懐かしくて感動出来、子供世代は新鮮で楽しめる、そんな家族サービス向け映画です。



【ワンチャン・ポイント】
※ミシェル・モナハン・・・本作では、ひょんなことから主人公と行動を共にすることになる米軍中佐・ヴァイオレット役。最近では「ブラインド・フィアー」で、マイケル・キートンらが演じる暴漢に、体を張って反撃に出る盲目の女性役で主演されています。他にも他人の記憶に入り込み、列車爆破事件の犯人を追う「ミッション:8ミニッツ」や、ゲリラに誘拐された子供達を救う実在の神父を描いた、「マシンガン・プリーチャー」、妻の出産を間近に控えた男が空前のトラブルに巻き込まれる、「デュー・デート 出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断」等々、様々なジャンルの映画に出演していらっしゃいます。


オススメジャンル&おすすめ度・・・<ストレス発散したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪