猫侍 南の島へ行く | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

遂に海外進出!?どこまでも自由な異色の猫・時代劇。


2015年9月5日公開
監督:渡辺武
出演:北村一輝・LiLiCo 他


【賛否両論チェック】
賛:そのゆるい世界観に、思わずニヤけてしまう。主人公の心の中でのツッコミもステキ。また、猫好きならその一挙手一投足に、癒されること間違いなし。
否:雰囲気はほんわかしたゆるいお話なので、本格的な時代劇を観たい人には絶対不向き。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・ヘビのシーンだけあり
アクションシーン・・・殺陣のシーンがあり
怖シーン・・・墓場等のシーンは少しだけ怖いかも



 剣豪と白猫の奇妙な組み合わせで人気を博した時代劇の、映画化・第2弾です。主演は北村一輝さん。


 凄腕の剣豪で、かつては“まだら鬼”の異名をとった主人公・斑目久太郎(北村一輝)。しかし今は落ちぶれ、江戸での士官も出来ず、妻(横山めぐみ)の故郷・加賀での浪人暮らしを余儀なくされていました。そんな久太郎を見かね、姑のタエ(木野花)が士官の話を持ちかけてきます。それは、加賀からははるか遠く離れた土佐藩での、剣術指南役としての登用の話でした。タエいわく、
「ここで立派に務め上げれば、晴れて加賀藩にも召抱えられるかもしれない。」
とのこと。あまり乗り気がしないものの、肩身の狭い久太郎は、半ば強引にこの話を受けることに。しかも成り行きで、家で飼っている白猫・玉之丞も連れていくことになってしまうのでした。


 かくして旅に出た、久太郎と玉之丞。土佐行きの船を待つまでの間、茶屋で一息つくことにしますが、ふと荷物から目を離した隙に、商人風の男が久太郎の荷物を盗んでいってしまいます。すぐに気がつき、後を追う久太郎。林の中で追いつきますが、男の正体は怪しげな忍者(木下ほうか)でした。身構える久太郎に対し、忍者は分身の術を披露。大量の忍者を前に面食らう久太郎でしたが、玉之丞が本物を見破ります。ところが、久太郎に殴られた忍者は、
「痛っ!!」
と頭をさすりながら、忽然と姿を消してしまうのでした。


 狐につままれたような久太郎は、玉之丞と共に港へ引き返しますが、着いてみると土佐行きの船は既に出港したとのこと。しかも次の船は10日後だと聞かされ、久太郎はあ然。何とか土佐へ渡りたい久太郎は、これまた怪しげなレンタルボート屋から小舟を一そう借りると、威勢よく土佐へと漕ぎ出すのでした。しかし、当然といえば当然ながら、小舟で簡単に土佐へと渡れるはずもなく、その後久太郎は数々の爆弾低気圧の襲撃を受け、文字通り死にそうになりながら舟を漕ぎ続けます。そうこうして、大海原を彷徨うこと2週間。1人と1匹が流れ着いたのは、およそ土佐とは似ても似つかない、南方の異国の島でした・・・。


 さすがは「猫侍」。今回も、そのシュールな世界観は健在です。しかも今回は南国の島が舞台なので、より一層ツッコミどころが満載で、真面目に観ていると思わず笑ってしまいます。シュールな登場人物達や、面食らうような事件の連続に、久太郎が心の中でツッコミを入れる一言が面白くて、秀逸です。さすが北村一輝さん、ステキです(笑)。


 そしてこの作品のもう1つの魅力は、何といっても猫達の可愛すぎる名演技(?)の数々です。本作ではまさかの恋模様も巧みに描かれているので、その辺りも要注目です。


 という訳なので、時代劇として真剣に観るよりは、ゆるーいコメディタッチの映画として、ゆるーくご覧になるのがオススメです。当然デートや家族でも安心してご覧いただけますので、猫好きな方を誘って、是非観てみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※LiLiCoさん・・・本作では、久太郎を無駄に誘惑してくる女海賊・お蓮役。言わずと知れた映画コメンテーターの方ですが、最近では映画にもご出演されていらっしゃいます。山本美月さん主演の「東京PRウーマン」では、ご本人役として、とっても性格が悪い“LiLiCo”役を好演されています(笑)。他にも実写版「魔女の宅急便」や「サミーとシェリー 七つの海の大冒険」、「紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?」等では、声での出演もなさっていますので、よーく耳を澄ませて聞いてみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<癒されたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪