ロマンス | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

後悔から始まる旅。大人向けの、ほんわかロードムービー。


2015年8月29日公開
監督:タナダユキ
出演:大島優子・大倉孝二 他


【賛否両論チェック】
賛:人生に後悔を抱える2人が出逢い、分かり合っていく姿に考えさせられる。ストーリーはシリアスなのに、自然と心が温まる。
否:ラストのシーンは、好みが大きく分かれそうなところ。ラブシーンも少しあり。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・なし



 ロマンスカーの添乗員が、胡散臭い謎の男と、母を探す旅に出ます。主演は大島優子さん。


 主人公の北条鉢子(大島優子)は、小田急ロマンスカーのアテンダントスタッフ。優秀な仕事ぶりで知られる彼女は、相方で粗相の多い久保に仕事を増やされながらも、そつなく勤務をこなしていました。ある朝の出勤時のこと。家に入り浸る恋人(窪田正孝)に金を無心された鉢子は、結局2千円を枕元に置くと、玄関を出ます。その時、鉢子は郵便受けに、1通の封筒を発見。差出人の名前を見た彼女の表情は強ばります。その後、仕事の合間に中の手紙を読んだ鉢子の表情は、さらに暗くなってしまうのでした。


 しかしその直後、ちょっとした事件が起こります。乗客の男の1人が、お菓子をカートから万引きするのを、鉢子が目撃したのでした。勝ち気な鉢子はすぐに詰め寄りますが、男はのらりくらりと言い訳。慌てて車掌が止めに入り、2人は終点の箱根湯本駅で事情を聞かれることになります。ところがこの男、駅を降りた直後に逃走。負けじと鉢子も全力で追いかけ、男を捕まえるのでした。この見るからに怪しい男は、自称映画プロデューサーの桜庭洋一(大倉孝二)。幸か不幸か、今回の一件は丸く収めることになりますが、鉢子が乗っていたロマンスカーは、既に発車した後。やむなく2人は、帰りの列車を待つホームでも一緒になってしまいます。馴れ馴れしく話しかけてくる桜庭に、鉢子は閉口し、トイレに。その際、鉢子は例の手紙を破り捨てると、ゴミ箱に捨てていくのでした。


 しばらくして鉢子が戻ってくると、なんと桜庭は先ほどの手紙をごみ箱から拾い集め、読みふけっていました。激昂する鉢子でしたが、そんな彼女に対し、桜庭は
「この手紙を書いた人、死のうとしてない?」
と言い出します。実は手紙の差出人は、鉢子の実の母・頼子(中牟田恵)。元々鉢子の家庭は、父と頼子と3人で仲睦まじく暮らしていました。しかし、父と頼子は鉢子が幼い頃に離婚。その後の頼子は、男をとっかえひっかえの体たらくで、鉢子もそのせいで随分といじめに遭っていました。結局、その後しばらくして、頼子は鉢子を捨てて蒸発してしまったのでした。そんな母親の今更の手紙に、憤りを隠せないでいる鉢子でしたが、事情を知った桜庭は、
「人生なんて後悔ばっかり。何もしなかった時の後悔は、ものすごく大きくなる。」
と言うと、鉢子を半ば強引に連れ出します。手紙に、かつて家族3人で箱根へ旅行に来た思い出がつづってあったことから、頼子は箱根にいると感じた桜庭。かくして2人の、母親探しの奇妙な1日が始まるのでした・・・。


 片や、自分を愛してくれなかった母への憤りを捨てずに苦しんでいる女性。片や、飄々とした性格が災いして全てを失い、捨て鉢になっている映画人。一見全く反りが合わない2人が出逢い、いがみ合いながらも少しずつお互いを理解していく様子に、自分の生き方について深く考えさせられます。


 そして、何といってもこの映画のもう1つの見どころは、大島さんと大倉さんの漫才のようなステキなかけ合いです(笑)。車で道に迷ってしまい、
「もしかしたら、地球の磁場がおかしくなっちゃってるのかもしれない・・・」
なんて独り言を言ったり、ラブホテルから異常な励み声が聞こえてきて、
「ここはサバンナか!!」
なんてツッコんだりしているのが、もう本当に面白すぎて笑ってしまいます。テーマやストーリーはかなりシリアスなはずなのに、お2人のキャラクターがステキすぎて、自然と心が温かくなるようです。


 回想シーンで桜庭が語る、
「後悔しない人生なんてありません。どんな後悔なら納得出来るかです。」
その言葉に、案外全てが語られているような気がします。笑って泣ける大人のロードムービーに仕上がっています。



【ワンチャン・ポイント】
※回想シーンの団地・・・本作の回想シーンで、かつて鉢子と頼子が2人で暮らしていた団地は、前田敦子さん主演の「クロユリ団地」や、濱田岳さん主演の「みなさん、さようなら」で出てきた団地と同じところかと。同じ団地の公園のシーンは、草彅剛さん主演の「中学生円山」や、遠藤憲一さん・松井玲奈さん主演の「gift」でも登場しています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<癒されたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪