ビッグゲーム 大統領と少年ハンター | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

真の“強さ”とは。思わぬ出逢いが生んだ、大人への冒険。


2015年8月15日公開
監督:ヤルマリ・ヘランダー
出演:サミュエル・L・ジャクソン
オンニ・トンミラ 他


【賛否両論チェック】
賛:決して逢うはずのなかった2人が、少しずつ絆を深めていく様子が微笑ましい。少年の、自分の道を自分で切り開こうとするまでへの成長も感動。
否:展開はかなりのご都合主義。特にラストのシーンは、さすがに無理がありすぎか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・急に大きな音が出るシーンがあり



 狙われた大統領と、初めて狩りに出た少年ハンターの、奇妙な逃亡劇を描きます。


 物語の舞台は、フィンランドの山奥。伝説のハンター・タピオを父に持つ少年・オスカリ(オンニ・トンミラ)。彼の村には、13歳になると一昼夜森で1人過ごし、獲物を狩るという習わしがあり、オスカリもついにその日を迎えたところでした。ところが、ろくに弓も引けないオスカリに、村の人々は不安そう。そんな村人達をなだめると、タピオは息子を山へと送り出すのでした。同じ頃、アメリカ大統領・ムーア(サミュエル・L・ジャクソン)を乗せたエアフォース・ワンが、会議のためヘルシンキへと向かっていました。かつて大統領を庇って撃たれたこともある腹心のシークレットサービス・モリスの指揮の下、機体は順調なフライトを続けていました。


 その頃、フィンランドの山の上に、1機のヘリコプターが着陸。それは狩猟ツアーのヘリでしたが、いきなり地対空ミサイルの準備を始めるハザルとその部下に、ツアーガイドは仰天。逃げ出すガイドを標的にミサイルの試し撃ちをしたハザルは、次の標的をエアフォース・ワンに定めるのでした。ミサイルに捕捉され、突如臨戦態勢に入ったエアフォース・ワン。しかし防衛システムは何者かによって無効化されており、やむなく機体は緊急着陸へ。モリスはムーアを脱出ポッドに入れると、機外へと放出します。その後、シークレットサービス達もパラシュートを背負って飛び出しますが、何故かパラシュートが開きません。その様子を見たモリスは、残った同僚を射殺すると、自らは安全なパラシュートを背負い、脱出。その直後、機体はミサイルの直撃を受け、墜落してしまうのでした。


 モリスの目的は、大統領を拘束し、金を受け取ること。後は脱出ポッドにいるムーアを捕まえれば計画は成功・・・のはずでしたが、先に脱出ポッドを見つけたのは、あのオスカリでした。中のムーアから解除キーを教えられ、ハッチを開けたオスカリ。始めこそムーアを
「宇宙人ではないか?」
と警戒していましたが、すぐにアメリカの大統領だと知り、行動を共にすることになります。一方、大統領の逃走とオスカリの存在を知ったモリス達もまた、2人の後を追うのでした・・・。


 設定こそ若干の無理はありますが(笑)、周りの期待に応えられずに悩む少年と、突然の裏切りに遭った悲劇の大統領が、少しずつ心を通わせていく過程が微笑ましいです。特に少年の成長ぶりは見事で、すさまじい経験を通して、誰の助けも借りずに自分の力で困難を打開していく力を得ていくまでが、とてもステキでカッコいいです。


 また、お話そのものはシリアスなんですが、少年と大統領とのやり取りが結構コミカルだったりして、思わずクスッとなるところもあるのがイイですね(笑)。


 展開はかなり破天荒で、
「いやいや、それはないでしょう(笑)。」
とツッコみたくなる場面もありますが、グロシーンも少なめですので、ストレス発散向けの作品です。



【ワンチャン・ポイント】
※サミュエル・L・ジャクソン・・・本作では、絶体絶命の窮地に陥るアメリカ大統領役。「スター・ウォーズ」にも登場する、言わずと知れた名優さんで、最近では「アベンジャーズ」シリーズでの指揮官、ニック・フューリー役でもお馴染みです。他にも「オールド・ボーイ」や「ジャンゴ 繋がれざる者」、最新作では「キングスマン」等、結構悪役での出演も多いようで、今後もその名演に期待です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪