脳漿炸裂ガール | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ツッコミは無用。ブッ飛んだ世界観の痛快ストーリー。


2015年7月25日公開
監督:アベユーイチ
出演:柏木ひなた・竹富聖花 他


【賛否両論チェック】
賛:突如巻き込まれる理不尽なゲームで、露わになる人間の本性が浅ましい。そんな中で、あくまで己を貫こうとする主人公の健気さや、ふと垣間見える友情にも、意外と感動。
否:ストーリーそのものはツッコミどころが満載で、無理がありすぎる印象。あれこれ考えて観る人には不向き。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも



 人気ボーカロイドの楽曲を基に作られた、実写映画です。主演は私立恵比寿中学の柏木ひなたさん。


 主人公・市位ハナ(柏木ひなた)は、聖アルテミス女学院高校の生徒。お嬢様ばかりの学院にあって、唯一ともいえる庶民派のハナは、今日もランチタイムに、周りの生徒達との格差を痛感していました。そんなハナに、才色兼備で学校一の人気者である稲沢はな(竹富聖花)は優しく、マカロンをプレゼントしてくれるのでした。折しもその日は、教育実習で訪れていた久保賀(荒井敦史)と古寺(菅谷哲也)の最終日。帰りのホームルームで2人は温かく送り出されますが、担任の田篠(浅香航大)は挨拶もそこそこに、
「面談のある生徒以外は、速やかに下校するように。」
と告げます。面談に呼ばれているのは、成績優秀者だけが付けられる“白リボン”の生徒達。当然のごとく“赤リボン”のハナは呼ばれず、真っ直ぐ家路に着くのでした。


 その途中、携帯電話を教室の机に忘れてきたことに気がついたハナは、慌てて取りに戻ります。ところが、無事に見つけて安堵した次の瞬間、遠くで女子生徒の叫び声が。恐る恐る、声がする方へと向かったハナの目に飛び込んできたのは、田篠が特殊な銃で白リボンの生徒の頭を撃ち抜いたところでした。訳が分からず逃げ出すハナでしたが、すぐに久保賀と古寺に捕まってしまいます。しかし、追いついた田篠に撃たれそうになった瞬間、田篠に何者が指示を出した様子で、田篠は
「あなたはラッキーガールですね。」
と告げると、銃を下ろします。その後、ハナは気絶させられてしまうのでした。


 やがてハナが目覚めると、そこは教室の中で、生徒達は1人1人小さな籠の中に閉じ込められていました。しばらくすると、田篠達がやってきて、
「これから“面接”を始める。各自自分の携帯電話からエントリーするように。」
と宣言します。見るとそれぞれの携帯電話に、“黄金卵のジョブリクルーティング・ゲーム”の文字が。混乱する生徒達でしたが、拒否した生徒が撃たれるのを見て、慌ててエントリーを始めます。その時ハナは、自分の後ろの籠に稲沢はながいることに気がつきます。しかもはなは、携帯電話を持っていないとのこと。それを聞いた田篠は、
「それでは、残念ですが・・・」
と、銃口を向けます。その時、ハナは自分が携帯電話を2台持っていることを思い出し、とっさに1台をはなに渡すことを提案、了承されるのでした。かくして、文字通り死力を尽くした“面接ゲーム”が始まるのでしたが・・・。


 イメージとしては、福士蒼汰さん主演の「神様の言うとおり」を、もう少し身近でソフトにした感じでしょうか。何の前触れもなく、突然巻き込まれる理不尽な死のゲームに、人間のリアルな本性がむき出しになっていく様子が、非常に浅ましくて痛々しく感じられます。そんなゲームの中にあって、それでも必死に己を保ちながら、唯一の味方・稲沢はなと共に困難を乗り越えていこうとするハナの姿が、とても痛快です。
「自分の命を〝運”に任せないで。」
という言葉が、すごくカッコイイです。


 ストーリーは割と有って無いようなものなので、本格派な方には不向きですが、ブッ飛んだその世界観を、是非堪能してみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】

※菅谷哲也さん・・・本作では、教育実習で来た無口な教師・古寺役。どこかで見たことあると思ったら、あの「テラスハウス」の哲ちゃんでした(笑)。最近の映画では「TOKYO TRIBE」にも出演されているそうなので、気になった方は是非探してみて下さい。


※浅香航大さん・・・本作では、主人公達の担任・田篠役。裏表のある不気味な役を好演していらっしゃいます。最近の出演作では、「劇場版 零~ゼロ~」での、中村ゆりさん演じるシスターの内気な弟役を怪演されていました。他にも有名どころでは、「霧島、部活やめるってよ」や「悪の教典」、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」等にも出演されていらっしゃいます。


※竹富聖花さん・・・本作では、主人公を一貫して支え続ける優等生・稲沢はな役。古くは「ギャルバサラ 戦国時代は圏外です」で、有村架純さんと共にタイムスリップする女子高生を演じているのを始め、「麒麟の翼 劇場版・新参者」「劇場版 仮面ティーチャー」「1/11 じゅういちぶんのいち」「ホットロード」「幼獣マメシバ 望郷篇」等々、話題作から単館系の作品まで、数多く出演されています。最近でいうと、「映画 暗殺教室」にも出ていらっしゃいますので、今後もその活躍に期待です。


※荒井敦史さん・・・本作では、チャラチャラした雰囲気の教育実習生・久保賀役。最近では、永瀬匡さん主演の不良映画「ズタボロ」で、主人公の悪友・ヤッコ役を演じていらっしゃいます。他には「悪の教典」にも出演されているそうですね。


※上白石萌歌さん・・・本作では、主人公達を疎ましく思っているグループの1人・“ビッチ”ことマイカ役。すごく名前が特徴的な方ですが(笑)、お姉さんはあの「舞妓はレディ」の主演・上白石萌音さんです。これからも姉妹揃っての活躍に期待大です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪