進撃の巨人 ATTACK ON TITAN | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

原作ファンには賛否有りか。自由を求める凄惨な死闘。


2015年8月1日公開
監督:樋口真嗣
出演:三浦春馬・水原希子・長谷川博己 他


【賛否両論チェック】
賛:原作等の知識は不要。本当の自由を追い求める主人公の壮絶な戦いが、最新の映像技術で迫力満点に描かれる。
否:原作とは結構異なるので、好き嫌いは分かれそう。かなりグロいシーンが続くので、苦手な人には不向き。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・巨人のシーンはかなり怖い



 あの超人気コミックが、遂に実写映画化されました。前後篇2部作の前篇です。主演は三浦春馬さん。


 100年以上前、突如謎の巨人達が出現。なす術もなく人間の大半は喰われ、文明は崩壊。残された人類は巨大な壁を三重に建設し、その中での暮らしを余儀なくされていました。しかしそれから月日は流れ、巨人を見る者もおらず、人々は巨人という脅威を忘れつつありました。主人公・エレン(三浦春馬)は、1番外側の壁の中、農業中心の貧しい門前町の青年。今日も彼は仕事をクビになり、町外れの丘にある不発弾の上に立ち、遠くにそびえ立つ壁を眺めていました。そんな彼を探しに、親友のアルミン(本郷奏多)とミカサ(水原希子)がやってきます。彼らは、不発弾に海の絵が描いてあるのを発見。海を見たことのない彼らは、その存在に胸を踊らせ、特にエレンは外の世界への想いを強くするのでした。


 その後、エレンは2人を連れ、壁の下へ。「壁を登る者は裁判なく死刑」とされている中、外への情熱を抑えきれないエレンは、形骸化している駐屯兵の警備をくぐり抜け、壁を登ろうとします。しかし駐屯兵達に見つかってしまい、取り押さえられそうになった3人に、隊長のソウダ(ピエール瀧)が声をかけます。実はエレンとアルミンは、ソウダと昔からの顔馴染み。危ういところを助けられたものの、エレンは不服そうな表情を隠せません。そんな彼をソウダは、
「今度壁外調査があるから、志願しろ。」
と諭すのでした。


 ところが、そんな静寂は突如として破られます。突然地鳴りが轟いたかと思うと、壁の上に巨人の顔が現れます。壁よりも大きい超大型巨人が出現した瞬間でした。超大型巨人は、壁の一角を易々と破壊すると、忽然と姿を消します。代わりに開いた穴からは、おびただしい数の巨人達がなだれ込んできます。ソウダも慌てて指揮を執り、巨人達に砲撃を浴びせますが、巨人には全く効きません。初めて目の当たりにする巨人になす術なく、兵士達は次々に喰い殺されていくのでした。エレン達も間一髪で町に逃げ帰りますが、巨人達はすぐに町に到達。逃げ惑う人々を嘲笑うかのように、巨人達は町を蹂躙し、阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられます。そんな中、家族を探すアルミンと分かれ、必死に逃げ続けるエレンとミカサでしたが、逃げ遅れた子供を助けようとしたミカサは孤立し、遂にエレンの目の前で、巨人に食われてしまうのでした・・・。


 “壁の中”という偽りの平穏に疑問を抱き、真の自由を求める主人公と、それに呼応するかのように現れる“巨人”という脅威が、本作のテーマを見事に体現しています。
「壁を知ってしまった者には、天国も牢獄になる。」
というソウダの言葉や、
「狼を恐れて柵の中で暮らす、そんな動物を何と言う?」
というシキシマ(長谷川博己)の言葉が、とても印象に残ります。


 反面、“人間を喰らう巨人”が相手なので、当然かなりグロいシーンがあります。一応PG-12ではありますが、正直子供向けではありません。かなりグロいです。ストーリーも原作よりはかなり簡潔化され、単純明快化された感がありますので、原作好きの賛否は真っ二つになりそうな気がします。


 とはいえ、原作を知らずとも1つの作品として楽しめる内容ではあります。後篇は9月公開ですので、そちらとも併せて是非チェックしてみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※武田梨奈さん・・・本作では、気弱で臆病な新兵・リル役。瓦を頭突きで割るCMでお馴染みの方ですが(笑)、映画では中川翔子さん主演の「ヌイグルマーZ」で、中川翔子さんの変身後のヌイグルマーを熱演されています。


※渡部秀さん・・・本作では、武田さん演じるリルの夫・フクシ役。「仮面ライダーオーズ」の主演で有名な方で、他にも人間が石化する怪事件を追ったサスペンス「PIECE ~記憶の欠片~」では、オーズでも共演された三浦涼介さんとW主演を務めていらっしゃいます。


※松尾諭さん・・・本作では、力持ちのサンナギ役。「亡国のイージス」「テルマエ・ロマエ」「るろうに剣心」「希望の国」「県庁おもてなし課」「謝罪の王様」等々、名だたる作品に出ていらっしゃいます。ちなみに新兵達の上官役で出演されている神尾佑さんとの組み合わせは、岡田准一さん主演の「SP」でも観られますね。


※清野菜名さん・・・本作では無名ながら、前半を中心に登場します。後半には、果敢に巨人に飛びかかっていくシーンもあります。「TOKYO TRIBE」や「虎影」、最近では「東京無国籍少女」での出演が有名な、新進気鋭の女優さんです。


※大沢ひかるさん・・・本作では、新兵のイブキ役。単独のシーンはほとんどないものの、前半を中心に登場します。最近では「忘れないと誓ったぼくがいた」で、主人公に想いを寄せる同級生役でご出演。「奴隷区 僕と23人の奴隷」では、アルミン役の本郷奏多さんとも共演なさっています。


※城壁や廃墟のシーン・・・ちょくちょく登場するのは、戦隊モノ等でよく見かける廃墟。「ライアーゲーム 再生」「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」「ストレイヤーズ・クロニクル」等でも登場するところです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪