東京無国籍少女 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

超退屈なストーリーが、全てラスト15分への伏線。


2015年7月25日公開
監督:押井守
出演:清野菜名・金子ノブアキ 他


【賛否両論チェック】
賛:最初は無意味に思えた描写や、理解に苦しむシーンが、ラストに繋がっていく様子が見事。
否:展開自体はかなり単調で、最後になるまでよく分からない描写も多いので、退屈しそう。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも



 押井守監督最新作。“何か”に目覚めていく女子高生を、清野菜名さんが演じます。


 主人公・藍(清野菜名)は、とある小さな美術学校に通う高校生。デッサンの授業中、担任教師(金子ノブアキ)がタバコを吸いに教室を出た直後、藍はおもむろに教室を飛び出し、講堂へと向かいます。そこには、不思議な形状のオブジェが作りかけられており、藍は何かに取り憑かれたかのように、ひたすらそのオブジェを作り続けるのでした。


 実は藍は、この学校の特待生。志願者の減少に歯止めがかからない学校は、特待生の藍に広告塔として大きな期待を寄せていましたが、とある事からPTSDを患ってしまい、現在は治療中。なんとか藍を完治させるために、学校の上層部の許可の下、藍には授業中でも自由な行動が許されていました。しかし、そんな藍の特別待遇は、当然全校生徒の反感を買い、藍は後ろ指をさされ続ける毎日を送っているのでした。


 ある日のこと、
「眠れない・・・」
と訴える藍に、保健医(りりィ)は睡眠薬を処方。そのせいで、授業が終わるまで眠りこけてしまった藍に、クラスメイトの沙羅(田中日奈子)はイラ立ち、頭から水を浴びせかけます。目が覚め、キャンバスに落書きをされていることに気がついた藍は、思わず激昂。するとそれに呼応するかのように、急に地震が起きるのでした。その後も、体調の不良を訴え続ける藍。そして次第に彼女は、思いもよらぬ“覚醒”をすることになるのでしたが・・・。


 この作品の見所は、まさにラスト15分。それまでの難解で謎めいていたシーンが、すべて真実の下にさらされる感じで、圧巻です。逆にいうと、そこまではずっと単調で退屈なシーンが続くので、かなり眠くなりそうです。


 グロシーンも後半で急に多くなりますので、観る時はお気をつけて。



【ワンチャン・ポイント】
※清野菜名さん・・・本作の主演。「TOKYO TRIBE」でのヒロイン役や、斎藤工さん主演の時代劇「影虎」での最強の刺客役等で、かなりのアクションを演じていらっしゃいます。これからもそのキレキレのアクションに期待です。


※学校のシーン・・・校舎の外観のシーンは、恐らく園子温監督の「リアル鬼ごっこ」と同じかと。広いグラウンドが印象的です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪