悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ファンならずとも楽しめる?でもファン向けなドキュメンタリー(笑)。


2015年7月10日公開
監督:丸山健志
出演:乃木坂46 他


【賛否両論チェック】
賛:知識がなくても意外と感動するのが新鮮。
否:全く興味がないと、さすがに観るのはしんどい。上映時間も結構長め。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 「AKB48の公式ライバル」として結成された、アイドルグループ「乃木坂46」の歩みをつづった、ドキュメンタリーです。


 物語は、メンバーの母親の視点から見たこれまでを、西田尚美さんのナレーションで振り返る形で進行します。


 前半は、普通の女の子だった彼女達が、オーディションに合格し、活動を始めるまで。地味で控え目な高校生だったり、イジメに遭い引きこもってしまっていたり、上京してきたもののお金がなく、ロケ弁目当てに応募したり。様々な性格や事情が交錯する中、“アイドル”という道を選んだ彼女達の姿が描かれます。


 後半は、結成から最近までの歩み。AKBグループのライブに参加したり、人気投票形式のミュージカルを上演したり、神宮球場での公演を開催したりと、平坦ではありませんが着実に人気グループとして成長していく様子が描かれます。同時に、人気が出てくるが故のメンバ-の葛藤だったり、自身へのもどかしさや苦悩が赤裸々に紡がれていきます。


 さすがに全く興味がないと、観るのは無理があると思いますが、基本的には母親の目線から振り返っているので、乃木坂46のことを知らなくても意外と感動します(笑)。母校に帰った時に、サプライズで歌をプレゼントしてくれたりするシーンなんか、かなりステキです。


 勿論好き嫌いははっきり分かれそうな映画ではありますので、興味がある方は是非ご覧下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪