青鬼 ver.2.0 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

キーワードは“バージョン・アップ”。気軽に観られる新世代ホラー。


2015年7月4日公開
監督:前川英章
出演:中川大志・平祐奈・松島庄汰 他


【賛否両論チェック】
賛:ゲームとリンクした現実という奇妙な世界観の中で、生き残るために共闘する主人公達の奇妙な友情が印象に残る。上映時間が短いのも嬉しい。
否:設定や展開は荒唐無稽で、無理やり感が否めない。グロシーンもあり。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・逃走シーンが多数あり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 人気ゲームの実写映画化・第2弾です。


 とある町の外れにある廃墟、通称“ジェイルハウス”。そこにはブルーベリー色をした巨人が出ると、もっぱらの噂でした。そんな話を面白おかしく語る、たけし(勧修寺玲旺)と美香(久松郁実)。彼らは学校随一の問題児・卓郎(松島庄汰)の取り巻きでした。最近も彼らは、同級生のシュン(タモト清嵐)に嫌がらせを繰り返し、登校拒否にさせたばかり。そんな事件に少しだけ後ろめたさを感じつつも、卓郎は新しい遊びを思いつきます。それは、噂のジェイルハウスに潜入し、中から生中継をすること。あまり気乗りのしないたけしと美香を、卓郎は半ば強引にジェイルハウスへと連れていくのでした。


 一方、学校に来なくなったシュンを心配し、学級委員長の杏奈(平祐奈)は同級生のひろし(中川大志)を連れ、シュンの家に向かっていました。ひろしは、友達のいなかったシュンが唯一よく話をしていた人物で、ひろしもシュンが作っていた脱出ゲームに興味を持っていました。そんな彼を連れ、シュンの家へと急ぐ杏奈でしたが、途中で奇妙な色の蝶を見かけたひろしは、まるで導かれるかのように、その後を追いかけていってしまうのでした。


 卓郎達3人は、ジェイルハウスに到着。鍵を壊して入ろうとしているところへ、杏奈とひろしも合流します。しかし、ひろしは蝶を追って先に中へと消えてしまい、卓郎達も不安げに見送る杏奈を尻目に、ジェイルハウスへと入っていくのでした。早速中で生中継を始める3人でしたが、突如として入り口の扉が開かなくなったかと思うと、携帯電話もニコ生以外は動かなくなり、彼らは閉じ込められてしまいます。慌てるたけしと美香をなだめる卓郎でしたが、次の瞬間、部屋の片隅に巨大な影を見てしまったたけしは、怯えて走り出してしまいます。慌てて追いかける卓郎と美香の前に、突如として不気味な影が、その正体を現すのでした・・・。


 前作の知識は全く不要です。お話そのものはかなりツッコミどころ満載な訳ですが(笑)、現実とゲームがリンクするという設定は、新鮮で面白いです。


 また、そうした極限状態の中で育まれていく、孤独な不良と変わり者の青年との奇妙な友情にも注目です。


 グロシーンは少しありますが、上映時間も短めなので、何も考えずに映画を観たい時に、是非オススメです。



【ワンチャン・ポイント】
※平祐奈さん・・・本作では、現実の世界から主人公達を見守る杏奈役。知る人ぞ知る、あの平愛梨さんの妹さんで、「貞子3D」や「だいじょうぶ3組」、「紙の月」や「ソロモンの偽証 前篇・事件」等々、結構有名な作品に出演されていらっしゃいます。今後も姉妹共々活躍に期待ですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪