ターミネーター:新起動/ジェニシス | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

全てをぶっ壊す。新たな世界観の始まり。


2015年7月10日公開
監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
ジェイ・コートニー
エミリア・クラーク 他


【賛否両論チェック】
賛:これまでの世界観を踏襲しながらも、新しいストーリーが展開されていくのが斬新。スケールアップされたアクションにも注目。
否:半ば強引に今までのストーリーとつじつまを合わせているので、理屈は非常に難しい。ツッコミ出すとキリがない。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
恐シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 あのターミネーターが帰ってきました。主演は勿論、アーノルド・シュワルツェネッガーです。


 全ての始まりは、1997年。“スカイネット”と呼ばれる人工知能が、世界に拡散。本来は人間の暮らしを豊かにするはずのものでしたが、スカイネットは人類を“敵”と認識し、攻撃を仕掛けます。世界中で何十億人もの人間が死にゆく中、人類は抵抗軍を組織。そのリーダーがジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)でした。幼い少年だったカイル・リースも、ジョンに命を救われた1人。その日から、カイルはジョンの右腕として、抵抗軍をリードしていくようになります。時は流れ、2029年。抵抗軍はついにスカイネットを追いつめ、いよいよ人類は、その存亡を賭けた総攻撃を仕掛けることになります。メインはコロラドでのスカイネットの主要部への攻撃でしたが、ジョン達はそこへは参加せず、ロサンゼルスの収容所を奇襲します。実は収容所の地下には、スカイネットが最終手段として用意していた磁場転移装置があり、それを使って過去を変えられてしまうと、そのまま人類が滅んでしまう恐れがあるのでした。ジョンやカイル(ジェイ・コートニー)は、仲間達と共に総力をあげて戦いますが、一足遅く、敵はターミネーターを過去に送ってしまうのでした。


 やむを得ず、ジョンも部下を過去へ送ることを決めます。兵士達が次々に志願する中、ジョンが選んだのは他ならぬカイル。同じ装置で過去へと飛ぶカイルてしたが、時空移動の瞬間、カイルはターミネーターがジョンに襲いかかるのを目撃するのでした。肉体と精神にとてつもない負荷がかかる中、カイルは不思議な幻を見ます。戦争のない平和な世界で、家族に誕生日を祝ってもらっている幼い頃の自分の姿と、
「2017年。“ジェニシス”こそがスカイネットだ。」
という謎の言葉、そしてジョンの母・サラ(エミリア・クラーク)が、幼いカイルの手のひらをなぞり、
「一直線に行きなさい。」
と言い聞かせている場面でした。その後彼は、無事に1984年へとタイムスリップを遂げるのでした。


 ターミネーターの標的は、若き日のサラ・コナー。到着後、サラを探して街をうろつくターミネーターでしたが、そこへ姿を現したのは、なんと旧型のターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)。壮絶な戦いを繰り広げる2人でしたが、遠距離からの何者かの狙撃も手伝って、旧型はやってきたターミネーターを破壊することに成功するのでした。一方、遅れて到着したカイルは、早速警察に追われる羽目に。ところが、やってきた警官(イ・ビョンホン)は、なんと液体金属製のターミネーター。必死に攻撃をかわすカイルでしたが、とうとう追いつめられてしまいます。するとそこへ、突如トラックが突っ込んでくると、ターミネーターをはね飛ばします。ドアが開き、
「命が惜しかったら乗って!!」
と叫んだのは、まだターミネーターのことは知らないはずのサラ・コナーでした・・・。


 まずは、アクションのスケールの大きさに圧倒されます。次々と現れるターミネーターの暴れっぷりと、対抗する主人公達の攻防に、手に汗握ること請け合いです。


 お話としては、これまでのシリーズの世界観を引き継ぎつつ、これまでとは違う新しい時間軸での物語が紡がれていきます。その辺の無理やり合わせた感はすごいので、設定がかなり難解でややこしいです。理屈で理解しようとすると、ツッコミどころが沢山ありそうです。


 ですので、あまり過去のシリーズは気にせず、1つの新しいSFアクション大作として、ご覧になるのがイイかと思います。



【ワンチャン・ポイント】
※ジェイ・コートニー・・・本作では、過去へと飛びサラを守るカイル役。「ダイ・ハード ラスト・デイ」でのブルース・ウィリスの息子役でお馴染みの方ですね。他にも、トム・クルーズ主演の「アウトロー」でのマフィア役や、性格によって分けられた近未来を描いた「ダイバージェント」での教官役、アーロン・エッカート主演の「アイ、フランケンシュタイン」での天使側の役など、結構ハードボイルドな役を演じていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪