呪怨 ザ・ファイナル | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

絶対勝てない恐怖。最終章にふさわしい最恐ホラー。


2015年6月20日公開
監督:落合正幸
出演:平愛梨・桐山漣・おのののか 他


【賛否両論チェック】
賛:容赦のないホラー描写が続くので、恐怖を楽しみたい方にはオススメ。呪いの悲しい元凶にも、切なさが残る。
否:当然ながら驚かせるシーンがメッチャ多いので、苦手な人には絶対不向き。前作の知識も、あった方がイイ。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンがメッチャあり



 あの最恐ホラーが、ついに最終章を迎えます。主演は平愛梨さん。


 主人公・麻衣(平愛梨)はある夜、妹の結衣(佐々木希)が部屋にやってくる夢を見ます。彼女の足元には、不気味な少年がしがみついており、結衣はテーブルに謎めいた渦巻きを書き続けながら、
「俊雄君っていうの・・・」
と紹介するのでした。そこでようやく目が覚めた麻衣。傍らで寝ていた恋人・奏太(桐山漣)は心配しますが、麻衣は何か胸騒ぎを覚え、慌てて結衣にメールを送るのでした。有名ホテルで、接客係をしている麻衣。翌日もいつものようにルームサービスをしていると、そこへ1本の電話がかかってきます。発信者は結衣。ホッとする麻衣でしたが、次の瞬間、怪しげな幻覚を見てしまいます。その直後、別な番号から着信があり、麻衣は結衣が行方不明になっているということを、初めて知るのでした。一方、駅員の仕事をしている奏太。その日の夜もいつものように終電を見送った後、誰もいなくなった駅構内を巡回し始めます。しかし奏太もそこで、身の毛もよだつような幻覚を見てしまうのでした。


 ところ変わって、とある女子高生・玲央(おのののか)。その日彼女の家には、甥っ子がやってくる予定でした。母と2人暮らしだった玲央は、弟が出来ることを喜びますが、家にやってきた甥っ子は何を聞いてもじっと黙ったままで、どこか不気味な雰囲気を漂わせているのでした。たまらず玲央は、
「どうしてあの子を引き取ることにしたの?」
と母親に問いただしますが、何故か母親は、言葉を濁すばかりでした。やがて玲央もまた、不気味な幻覚を見るようになっていきます。


 その頃麻衣の下には、教師だった結衣の解任通知が届けられます。夢を叶えたばかりだった妹の失踪に、疑問を抱く麻衣でしたが、一緒に届けられた荷物の中に、あの不気味な少年・俊雄の資料を見つけます。そこには、不登校が続く俊雄の家を、結衣が繰り返し訪れていた様子が記録されており、最後の方のページには、あの渦巻きが何かに取り憑かれたかのように、殴り書きされているのでした。麻衣はいてもたってもいられず、結衣の足取りを追って俊雄の自宅を訪れますが、家は既に取り壊され、空き地になっていました。途方に暮れる麻衣に、かつてその家を担当していた不動産屋(袴田吉彦)が声をかけます。彼は、
「何も知らずに、事実だけを受け入れた方がいい。」
と忠告します。訳が分からなかった麻衣でしたが、やがて彼女や奏太の下に、想像を絶する恐怖が訪れていきます。そして玲央やその周りの人間達にも、恐怖が感染していくのでした・・・。


 予備知識がなくても大丈夫そうですが、前作の「呪怨 終わりの始まり」は、観ておいた方が楽しめそうです。俊雄君と伽倻子による言わずと知れた恐怖が、物語を最恐ホラーへと際立たせています。また今回は、驚かせそうでなかなか驚かさない“フェイント”も多いので、よりハラハラします(笑)。


 勿論苦手な人には全く向きませんが、親しい人と一緒に、恐いもの見たさで挑戦してみるのがオススメです。


 ちなみに本作の主題歌、DOUBLEの「Circle of Life」で、歌詞の最後の「tell me what you want」の「what you want」の部分が繰り返されるんですが、聴いていると「呪怨」と聞こえてきます。意図的だとは思いますが、それもまたかなり怖いです(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※桐山漣さん・・・本作では、平愛梨さん演じる主人公の恋人・奏太役。「仮面ライダーダブル」で注目を集めた方で、最近の主演映画では、借金返済のために裏の仕事に手を染めていく「東京闇虫 パートI・パートⅡ」や、“60分以内に荷物を届けないと死ぬ”というサバイバルゲームに巻き込まれる「RUN60」、人妻に恋をする青年を描いた「吉祥寺の朝日奈くん」等々、様々な役どころを演じていらっしゃいます。剛力彩芽さん主演の「L♥DK」では、主人公を温かく支える同じアパートの住人役で登場します。


※柳ゆり菜さん・・・本作では、おのののかさん演じる女子高生の友人・碧役。最近の主演映画では、幼馴染みの恋人を、突如現れた恋のライバルと奪い合う「劇場版 うわこい・うわこい2」で、主人公の純粋な女子高生役を好演していらっしゃいます。新進気鋭の女優さんなので、今後に是非期待です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪