天の茶助 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

運命に立ち向かう勇気をくれる。超個性的な“天使”のストーリー。


2015年6月27日公開
監督:SABU
出演:松山ケンイチ・大野いと・大杉漣・伊勢谷友介 他


【賛否両論チェック】
賛:決まりきった運命に逆らい、自分や周りの生きる道を切り開こうとする主人公の姿に、心打たれる。登場人物も個性的で、飽きずに観られる。
否:思いのほか、暴力シーンやグロシーンがある。急にスローモーションになったりなど、描写も好みが分かれそう。宗教色もやや強いか。


ラブシーン・・・基本的にはなし

グロシーン・・・暴力シーン等多数あり

アクションシーン・・・あり

怖シーン・・・雰囲気が結構怖いシーンがあり



 天界のお茶汲み係が、1人の少女の運命を変えるために奔走します。主演は松山ケンイチさん。


 主人公の茶助(松山ケンイチ)は、天界の茶番頭。天界では脚本家が多数おり、下界で生きる人間達の人生を決める、ストーリーを書いていました。茶助は、脚本家の勘助が執筆を担当している少女・ユリ(大野いと)に、密かな関心を寄せていました。ユリは幼い頃に声を失っていましたが、それでも笑顔を絶やさず、沖縄で暮らしていました。ところがそんなある日、天界で事件が起こります。平凡なサラリーマン・泰雄のプロポーズのシーンを書いていた脚本家が、
「普通だなぁ・・・」
と、茶助に相談。茶助が適当に、
「設定をカラオケボックスとかにしたらどうですか?」
と言ったため、泰雄はあっけなくフラれてしまいます。やけになった泰雄はカラオケボックスを飛び出し、車を奪って暴走。その車にはねられ、ユリが死んでしまう・・・という筋書きが出来上がってしまうのでした。


 勘助はなんとかユリを救おうと、茶助に下界へ行って、ユリを救ってほしいと懇願。ユリの死の筋書きにショックを受けた茶助もこれを承諾し、単身下界へと飛び出します。ところが降り立った場所は、沖縄の商店街で開かれていたエイサーのど真ん中。出演者達に翻弄され、ヘトヘトになった茶助に、骨董品店の種田(大杉漣)が声をかけます。実は種田は、勘助に協力してくれる脚本家が担当の人間。脚本家は茶助をサポートするべく、種田のストーリーを巧みに誘導し、茶助の下へと導いたのでした。種田の下で服を調達した茶助はその後、同じく協力者が脚本を書いているラーメン屋の店主・彦村(伊勢谷友介)とも出逢い、3人で問題のカラオケボックスへと繰り出します。


 後は時間になって、出てきた泰雄を止めるだけ・・・と思われましたが、事はそう上手くは進みません。茶助達の計画に気がついた他の脚本家達が、彼の行動を妨害しようと、自分達の担当する人間を動かし始めます。カラオケボックスには、彦村に妬みを持つ市議会議員の息子が、チンピラ達を引き連れて現れ、彦村と大喧嘩を始めてしまいます。さらには、発狂して顔を白塗りにした警官も現れ、彼らに発砲します。大騒ぎになるカラオケボックスのエントランスを悠々と抜け、泰雄は車に乗ってしまうのでした。慌てた茶助は外へと飛び出し、路地を失踪してユリの下へと先回りを試みます。なんとかユリのところに辿り着いた茶助でしたが、無情にも次の瞬間、ユリは茶助もろとも、車にはねられてしまうのでした・・・・。


 “脚本”という用意された人生に真っ向から抗い、人々を救うために孤軍奮闘する主人公の姿が、感動を誘います。そして、そんな彼の意外な過去が次第に明らかになったり、登場する出演者の皆さんもかなり豪華で個性的だったりするので、静かな世界観の割には、最後まで退屈せずに観ることが出来ます。個人的には、玉城ティナさん演じる“メチャ子”こと早乙女茶子が、個性が強くてステキです(笑)。


 ただ、ヤクザや殺し屋が登場したり等、想像以上に暴力シーンがグロいシーンが多いほか、お話そのものは結構悲しい感じなので、
「思っていたものと違った・・・。」
と感じてしまう人もいるかと思います。


 逆境や窮地に立たされた時、己の人生に立ち向かう勇気をくれる、そんな作品です。



【ワンチャン・ポイント】
※大野いとさん・・・本作では、声を失ったヒロイン・ユリ役。映画作品では、「高校デビュー」で溝端淳平さんの相手役を務めたほか、妻夫木聡さん・武井咲さん主演の「愛と誠」では謎めいた女子生徒役を、「ツナグ」では橋本愛さんの亡くなった親友役、「ライヴ」では突如理不尽な殺人レースに巻き込まれるヒロイン役を熱演されていらっしゃいます。今後もその幅広い役柄に期待です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪