海街diary | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

本当にあるべき姿。それを教えてくれる“家族”の物語。


2015年6月13日公開
監督:是枝裕和
出演:綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すず 他


【賛否両論チェック】
賛:一緒に笑ったり泣いたり怒ったり、ぶつかり合っていく中で本当の家族になっていく姿が感動的。壊れてしまった親子の絆の修復も印象的。
否:お話そのものはかなり単調で、BGMも少なめなので、興味がないと眠くなりそう。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 父に棄てられた3姉妹の下に、腹違いの妹がやってきます。超豪華な4人の女性キャストが集結です。


 鎌倉の古い実家で暮らす、3姉妹。口うるさいしっかり者の幸(綾瀬はるか)、酒好きで色恋沙汰の多い佳乃(長澤まさみ)、個性的でマイペースな千佳(夏帆)の3人は、15年前に父親が家を出ていってしまい、母親(大竹しのぶ)もその後家を離れたため、ずっと3人で暮らしていました。そんな彼女達の下に、父親が亡くなったという知らせが舞い込んできます。実は山形で旅館を営んでいたという父。看護師の幸は葬儀の前日が夜勤だったため、代わりに佳乃と千佳に行ってもらうよう頼みます。佳乃はかつて、母が父親に泣かされている姿をよく見ていましたが、千佳はまだ幼かったため、父の記憶はほとんどありません。それでも2人は、渋々葬儀のために山形へと向かうのでした。


 山奥の駅に着いた佳乃と千佳を出迎えたのは、彼女達の腹違いの妹・すず(広瀬すず)。まだ中学生にも関わらず、気丈に振る舞うしっかり者のすずに、2人は好感を抱きます。葬儀が始まると、夜勤明けに同僚に車で送ってもらった幸も到着し、すずとの対面を果たします。一方、すずの母親はなんとも情緒不安定で、喪主の挨拶もままならない様子。そんな彼女に不安を持ちつつも、葬儀が終わり、3人は帰路に着きます。するとその途中、後ろからすずが追いかけてきて、父親が持っていたという3人の思い出の写真を渡します。懐かしがる3人に気まずい様子のすずでしたが、それに気がついた幸は、
「あなたが1番お気に入りの場所に、案内して。」
と頼みます。すずは3人を、町が一望出来る丘の上に案内。その風景に、鎌倉の風景をどこか重ね合わせた3人は、帰りがけに、
「鎌倉で、4人一緒に暮らさない?」
と提案をするのでした。


 この申し出をすずは承諾し、ほどなくして単身鎌倉に引っ越してきます。礼儀正しいだけに、最初はどこか他人行儀だったすずでしたが、幸達が本当の妹のように接していくうちに、少しずつ心を開いていくのでした。しかし、大叔母(樹木希林)は血の繋がらない妹との同居を反対。そして、幸も佳乃も千佳も、それぞれがそれぞれに悩みを抱える日々が続きます。そんな4人でしたが、日々ケンカし合い、仲直りし合っていくうちに、次第に本当の“家族”としての絆が芽生え始めていくのでした・・・。


 最初は他人だったすずが、3人の情愛豊かな姉に囲まれて過ごすうちに、少しずつ家族の温かみを実感していく様子が、感動を誘います。ほんの数秒前まで大ゲンカをしていたのに、風呂場でカマドウマが出た瞬間に、相手に助けを求めたりするシーンなんか、
「家族だなぁ・・・」
と、思わず微笑んでしまいます(笑)。


 しかしそれと同時に、“腹違い”という自分の存在が周りを傷つけているという罪悪感に、すずが1人苦しんでしまう姿にも、胸が痛むものがあります。そんなすずの葛藤を知り、それでもなお彼女を温かく抱きしめる幸の優しさにも、また泣けてしまいます(笑)。


 物語の雰囲気そのものはかなり静かに進むので、人生の機微を知っている大人の方向けの作品といえそうです。



【ワンチャン・ポイント】
※広瀬すずさん・・・本作では、3姉妹の家にやってくる腹違いの妹・すず役。お姉さんの広瀬アリスさんと共に、最近大注目の若手女優さんで、阿部サダヲさん主演の「謝罪の王様」では、劇中映画の主演をなさっています。最近では7月公開の「バケモノの子」で、ヒロインの声を担当されているそうなので、是非そちらもチェックしてみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪