虎影 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ウ○コは大事(笑)。ツッコミ無用の痛快時代劇アクション!!


2015年6月20日公開

監督:西村喜廣
出演:斎藤工・芳賀優里亜 他


【賛否両論チェック】
賛:予想以上に笑えるシーンが多く、主人公の活躍も痛快。
否:グロいシーンがかなり多いので、苦手な人には不向き。ツッコみたくなるようなCGのシーンも満載なので、現実主義な人にも向かない。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・悪役のシーンは少し怖いかも



 妻子を人質にとられた元忍びが、壮絶な戦いに身を投じます。主演は齋藤工さん。


 主人公は、山奥で家族3人幸せに暮らす虎影(斎藤工)。虎影と妻の月影(芳賀優里亜)は、かつて有能な忍びとして、東雲幻斎(しいなえいひ)の下で働いていましたが、息子の孤月を授かったのを機に、壮絶な罰を受けながらも忍び衆を抜け、今は農民として質素に暮らしているのでした。そんな彼らの下に、幻斎からの使い・夜馬(鳥居みゆき)がやってきます。


 折しも幻斎は、自身の勢力拡大をもくろみ、隣国のヤゲン城を治めるリクリ(津田寛治)の隠し財宝を狙っていました。財宝のありかは、2対の金と銀の巻物に記されており、銀の巻物を手に入れた幻斎は、残る金の巻物の入手を虎影と月影に命じてきたのでした。家族を守るため、1度は夜馬を追い返した虎影でしたが、夜更けに再びやってきた夜馬達に孤月を人質にとられ、虎影と月影はやむなくヤゲン城に向かうのでした。


 悲壮な決意を胸に、城に着いた2人。この地には元々ヤゲン教という教団があり、リクリはその信仰を利用して、当主の座にまで上り詰めていました。難なく城内に忍び込み、巻物を手にした虎影と月影でしたが、城下の人混みに紛れて逃げようとした2人を、因縁のライバル・鬼卍(三元雅芸)が呼び止めます。鬼卍は、今はリクリの雇われ忍びとして動いていたため、鬼卍は仲間の鬼十字(清野菜名)と共に、襲いかかってきます。必死に応戦する虎影と月影でしたが、とうとう鬼卍に破れ、捕らわれてしまいます。絶体絶命の状況で、虎影はリクリに、
「お前達の側につきたい。幻斎から銀の巻物を奪ってくる。人質として月影を置いていく。」
と提案。これをリクリは受け入れ、虎影は単身、幻斎の下へと向かうのでした・・・。


 荒唐無稽、ツッコミどころ満載の、ザ・娯楽映画です。CGを駆使したバトルや、小ネタ満載のやりとり等、想像以上に笑えるシーンが多く、イイ意味で意表を突かれる人も多いと思います。
 「呪怨が来るぞ・・・」
と怪しげに近寄ってくる男が、実は「呪怨」の監督だったりして、思わず笑ってしまいます(笑)。


 勿論、ただ痛快なバトルだけではなく、愛する家族を守るために、危険も顧みずに走り続ける主人公の姿に、心動かされる内容でもあります。


 グロシーンや下ネタ、意味不明なシーンもかなりありますので、どちらかというと真面目に観るよりは、娯楽として気軽に観る方がオススメです(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※清野菜名さん・・・本作では、主人公のライバル・鬼卍の傍らに控える、鬼十字役。「TOKYO TRIBE」での型破りなヒロイン役で注目を集めた方で、「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」では、染谷将太さん演じる主人公の元カノ役としてご出演。最近では、押井守監督の学園サスペンス「東京無国籍少女」での主演も務めていらっしゃいますので、これからもそのアクションに要注目です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪