赤い玉、 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

“映画監督”であり“オス”。極めて過激につづられる、1人の男の余生。


2015年9月12日公開
監督:高橋伴明
出演:奥田瑛二・不二子 他


【賛否両論チェック】
賛:容赦なく迫りくる“老い”に翻弄される主人公が、浅ましくも切なく描かれる。映画製作の壮絶な一面も垣間見える。
否:とにかく過激なラブシーンが続くので、苦手な人には本当に不向き。


ラブシーン・・・メッチャあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いシーンがあり



 “老い”を迎えつつありながら、必死にもがく映画監督の姿を描きます。主演は奥田瑛二さん。


 主人公・時田(奥田瑛二) は、京都の芸術学校で映画講師を務めていました。映画監督として名を馳せていた時期もありましたが、今は新作も出せず、泣かず飛ばずの日々を過ごしていました。事務員の唯(不二子)とは愛人関係にありましたが、最近では夜の営みで上手く行かないことも多く、時田は肉体的な“老い”を実感せずにはいられなくなっていました。そんな自分の日々の姿を、時田は少しずつ映画のシナリオに起こしていきます。


 その後時田は、ゼミ生の卒業製作の指導にも携わっていきますが、監督を担当するケンイチ(花岡翔太)は、とにかくラブシーンを無難に済ませようとしたり、演技指導も直接行わないなど、問題のある監督ぶりで、時田は疑問を呈します。そんな時田の姿勢に、大方の学生は影口をささやきますが、唯一ヒロイン役に抜てきされた女優志望の愛子(土居志央梨)だけは、そんな学生達を
「話にならんわ。」
と一蹴するのでした。


 そんな日々を送る時田でしたが、ある時雑貨屋で、「富士」という小説を手にする女子高生(村上由規乃)を見かけ、思わず見とれてしまいます。興味を惹かれた時田は、ついつい彼女を家まで尾行。その後も足しげく彼女をつけ回すようになります。時田はそのこともしっかりシナリオにしたためていたため、原稿をパソコンに入力するのを手伝っていた唯は、
「ストーカーだ・・・」
とため息をつきます。しかし、そんな謎めいた女子高生・律子は、やがて時田自身の生活を、大きく狂わせ始めるのでした・・・。


 肉体的にも精神的にも、容赦なく迫りくる“老い”を前にして、それでもなお“男”であり“映画監督”であろうとする主人公の姿が、浅ましくもあり、またどこか切なくも映ります。また、そうした主人公と、イマドキの学生達とのやり取りを通して、映画製作という現場の大変さを垣間見ることも出来るので、そういう意味では一般的には新鮮に映ると思います。


 ただその反面、思わず
「・・・必要?」
と感じてしまうようなラブシーンも多く、しかもかなり過激なので、苦手な人には本当に向かないと思います。


 良くも悪くも、“映画”という世界観に一石を投じる作品であることは確かです。是非ご注目を。



【ワンチャン・ポイント】
※土居志央梨さん・・・本作では、芸術学校の卒業制作で、自分をしっかりと持つヒロイン役を好演していらっしゃいます。凛々しくてステキな演技に注目です。


※村上由規乃さん・・・本作では、主人公を翻弄する女子高生役でご出演。一見非常に清楚に見えるのに、実は裏の一面も持ち合わせている、そのギャップを見事に体現していらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>D


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪