予告犯 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「誰かのためになると思えば、人は動く。」


2015年6月6日公開
監督:中村義洋
出演:生田斗真・戸田恵梨香・鈴木亮平 他


【賛否両論チェック】
賛:主人公の真の目的に驚かされ、感動すること請け合い。ネット社会の怖さや、復帰が難しい日本社会の現実にも、改めて考えさせられる。
否:主人公達の行動に賛否あるのは、どうしても仕方のないところか。情操教育には当然不向き。


ラブシーン・・・性的用語だけあり
グロシーン・・・暴力シーンあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも



 インターネットで犯行予告を行う主人公と、それを追う刑事の姿を描いたサスペンスです。主演は生田斗真さん。


 警視庁のサイバー犯罪対策室の警部・吉野絵里香(戸田恵梨香)の下に、1つの投稿動画の情報がもたらされます。それは新聞紙を頭にかぶった謎の男“シンブンシ”による動画でした。男はその中で、先日食中毒事件を起こした食品加工会社の名前を挙げ、
「俺がきっちり火を投じてやる。」
と予告します。ほどなくして、偶然食品加工会社を訪れたテレビ局の取材クルーが、閉鎖されている工場から出火しているのを発見。この事件をきっかけに、シンブンシの動画は一躍有名になっていくのでした。実は、このシンブンシによる犯行予告は、これが3件目。シンブンシはこれまでにも、バイト中にゴキブリを揚げ、ツイートしていたファミレス店員を拉致して、実際に揚げたゴキブリを大量に食べさせたり、婦女暴行事件に遭った女子大生に対し、
「自業自得じゃね?」
とツイートしていた男性も拉致して、性的暴行を加えたりしていました。


 吉野達は捜査を進め、シンブンシが予告動画に使用しているインターネットカフェを特定しますが、敵もさるもの。そのネットカフェはセキュリティのため、プログラムの書き換え等には専用の暗証キーを必要としていましたが、どうやらシンブンシは何らかの方法でそのキーを入手し、店舗の特定を困難にしているようでした。その後もシンブンシは、警察の捜査をあざ笑うかのように犯行を重ね、ネット上では彼らの犯行を支持する声も増えていきます。そして、これまでの一連の犯行を精査した結果、どうやらシンブンシは複数犯だとの見方が強まっていくのでした。


 シンブンシの正体は、“ゲイツ”こと奥田宏明(生田斗真)。3年前、IT会社で派遣社員として働いていた奥田は、ワンマン社長(滝藤賢一)からの陰湿なパワハラを受けていました。しかも、表向きは励ましてくれていた同僚達も、ツイッター上では皆奥田のことを誹謗中傷していることを知り、彼は体調を崩して入院してしまうのでした。その後会社を辞め、ハローワークに通い始める奥田でしたが、なかなか仕事は見つかりません。そんな時、彼に声をかけたのが、後に仲間となる“カンサイ”(鈴木亮平)でした。カンサイに連れられ、日雇い労働者を募集するワゴン車に乗り込んだ奥田は、栃木の山奥にある建設会社の不法投棄の現場で働かされることになります。劣悪な労働環境の中、住み込みで働き続ける奥田達。メンバーは奥田とカンサイの他に、お調子者の“メタボ”(荒川良々)と臆病者の“メガネ”(濱田岳)、そして父親を探してフィリピンからやってきた“ヒョロ”の5人でした。彼らが数年後、世間を震撼させるシンブンシになろうとは、この時はまだ誰も予想していませんでした・・・。


 「野放しの悪党に制裁を加える」という主人公達の行動には、現実でも当然賛否両論ありそうなところですが、本作で1番重要なのはそこではなく、「彼らが何故“シンブンシ”になったのか」ということ。その驚愕の真相がラストで明らかになった時、主人公への見方がきっと180度変わると思います。


 また本作では、インターネットの匿名性が持つ恐ろしさや、1度外れてしまうと復帰が難しい日本社会の厳しい現実等も赤裸々に描かれており、深く考えさせられるものがあります。主人公がネットの書き込みで傷つけられていく辺りの描写は、同じ中村義洋監督の「白ゆき姫殺人事件」にもどこか通じるものがあるような気がします。


 自分の生き方について改めて見つめ直すきっかけになりそうな、社会派の作品です。



【ワンチャン・ポイント】
※小松菜奈さん・・・本作では、濱田岳さん演じるノビタが好意を寄せる、ラーメン屋の店員役。最近の作品では、「渇き。」での行方不明になった女子高生役や、「近キョリ恋愛」での、山下智久さん演じる高校教師と禁断の恋に落ちる天才女子高生役なんかが印象的です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪