お化け屋敷列伝 戦慄迷宮MAX | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

“これじゃない感”は否めない?異色のお化け屋敷体験型ムービー!!


2015年5月23日公開

監督:若林雄介
出演:LinQ 他


【賛否両論チェック】
賛:コースが同じでも、驚かしがあったりなかったりなど、一辺倒ではない仕掛けが面白い。上映時間も短めなので、気軽に見られる。
否:言ってみれば、“他人がお化け屋敷で驚いているのを観ているだけの映画”なので、期待してみると拍子抜けしてしまう感がある。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・グロい装飾品はメッチャあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが多数あり



 富士急ハイランドにある最恐のお化け屋敷「戦慄迷宮」。その恐怖度MAX版に挑んだ挑戦者達を追ったモキュメンタリー(フィクションのドキュメンタリー)です。


 物語の舞台は、閉園後の富士急ハイランド。お化け屋敷の最高峰に君臨し続ける「戦慄迷宮」。深夜、その門前に集められた6組。メンバーは外国人カップルや、アイドルグループ・LinQのメンバー、高校生カップル、男性アーティスト等様々。1組ずつスタートし、出口を探して歩み始めますが、その先には想像だにしていなかった恐怖が待ち構えているのでした・・・。


 さすがはお化け屋敷の頂点に君臨する「戦慄迷宮」。お化け屋敷として観ると、かなり恐いです。ただ本作は、あくまでも「閉園後のお化け屋敷に集められた6組」という設定のモキュメンタリーなので、この6組が怖がる様子を一緒に追体験する感じの映画です。その辺りの「観てみたら期待と違った感」はあると思います。


 とはいえ、上映時間はかなり短めなので、手軽に観られるアトラクションムービーでもあります。気になった方は是非(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪