リピーテッド | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

記憶の持つ重要性。教えてくれる女性愛。


2015年5月23日公開
監督:ローワン・ジョフィ
出演:ニコール・キッドマン
コリン・ファース
マーク・ストロング 他


【賛否両論チェック】
賛:設定が斬新で、後半で明かされる真相も痛快。上映時間も短めなので、手軽に観られそう。
否:そこまで極端に奇想天外な真実ではないので、先読み出来てしまう人もいそう。


ラブシーン・・・あり

グロシーン・・・暴力シーンあり

アクションシーン・・・基本的にはなし

怖シーン・・・急に驚かせるシーンがあり



 前日までの記憶を失ってしまうという障害を持つ主人公が、自らを傷つけた犯人を追うサスペンスです。主演はニコール・キッドマン。


 主人公・クリスティーン(ニコール・キッドマン)には、記憶が1日しか持たないという障害がありました。彼女は毎朝目覚める度に訳が分からず混乱し、夫のベン(コリン・ファース)から、
「14年前の交通事故で記憶障害になり、毎朝記憶が20代に戻ってしまう。」
という説明をされるのでした。ある日のこと、いつものように目覚めたクリスティーンでしたが、ベンが仕事に出かけてしばらくすると、“彼女の担当医”だという精神科医・ナッシュ(マーク・ストロング)から電話がかかってきます。彼に言われるままに、クローゼットの奥に隠してあるカメラを見つけたクリスティーン。そこには、昨日までの自分からのビデオメッセージが収められているのでした。


 その日から遡ること2週間。クリスティーンはナッシュから、記憶を取り戻す治療の申し出を受けていました。しかもナッシュによると、クリスティーンが記憶障害になった原因は交通事故ではなく、瀕死になるまで殴られたことによるもので、しかもその犯人はまだ捕まっていないとのことでした。ベンが真実を偽っていることにショックを受けながらも、クリスティーンは犯人を思い出すために、ナッシュの申し出を受諾。以来クリスティーンは、ベンには内緒で治療を受けていました。毎朝記憶をなくしたクリスティーンが目覚めると、ベンが出かけたタイミングを見計らってナッシュから電話があり、カメラのメッセージを見て驚くというのが、彼女の日課になっているのでした。


 クリスティーンは他にも、遺棄された現場をナッシュと共に訪れたり、様々なテストを受けたりと、必死で記憶を取り戻そうと奮闘。その過程で、彼女は“クレア”という赤毛の女性を思い出します。しかし、ベンに尋ねてみても、彼は何故かはぐらかそうとします。問いただすクリスティーンに、ベンは
「確かに彼女は友人だったが、変わり果てた君の姿に耐えきれなくなり、引っ越していった。」
と打ち明けます。ともすれば本当のことを隠そうとするベンに不信感を募らせるクリスティーンでしたが、やがて記憶が少しずつ戻るうちに、自分に幼い息子がいたことまでも思い出すのでした・・・。


 “記憶が1日しか持たない”という設定が斬新で、その中で主人公がなんとか明日の自分にメッセージを残そうと奮闘する姿が印象的です。そして徐々に明らかになっていく驚愕の真実に、一本取られる感じもまた痛快です。雰囲気としては「記憶探偵と鍵のかかった少女」に近いものがあるでしょうか。マーク・ストロングも出てらっしゃいますし(笑)。


 ありがちと言えばありがちですが、なかなか読めそうで読めないサスペンスですので、ミステリー好きな方には是非オススメです。



【ワンチャン・ポイント】
※コリン・ファース・・・本作では、主人公を献身的に支える夫・ベン役。この方の代表作といえば、何といっても「英国王のスピーチ」です。他にも「モネ・ゲーム」で主役の贋作詐欺師を演じられたり、最近では「マジック・イン・ムーンライト」で毒舌なマジシャンを演じられたりと、コミカルな役から重厚な役まで、幅広く活躍していらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪