ブラックハット | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ハイテクもローテクも。世界規模の壮絶アクション!!


2015年5月8日公開
監督:マイケル・マン
出演:クリス・ヘムズワース
ワン・リーホン 他


【賛否両論チェック】
賛:世界を股にかけた、犯人との鬼気迫る攻防戦が圧巻。迫力ある銃撃戦やアクションシーンも見どころ。
否:展開はかなりご都合主義で、無理がある。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも



 天才ハッカーが、姿なきテロ事件の脅威に挑みます。主演はクリス・ヘムズワース。


 全ての始まりは、香港の原子力発電所。何者かのハッキングによって、冷却装置がダウン。原子炉の1基が爆発を起こし、甚大な被害が出てしまいます。事件を担当した軍の大尉・チェン・ダーワイは、ハッカーの手口が、かつての親友で今はカード詐欺で服役中のハッカー、ハサウェイ(クリス・ヘムズワース)のものと酷似していることに気がつきます。チェンは早速、上層部にFBIとの捜査協力を打診。妹で技術者のリエンと共に、一路アメリカへと旅立つのでした。


 ハサウェイはというと、刑務所でも不正に手に入れた携帯電話を使い、刑務所のシステムに不正アクセス。受刑者への融資金の額を密かに増額させるなど、その天才ぶりを遺憾なく発揮していました。そこへFBIの担当者が、香港の原子力発電所の件でやってくると、“一時釈放”を条件に捜査への協力を要請してきます。しかし、そこはハサウェイ。上手く交渉を進め、
「事件の犯人を逮捕出来れば、その後は釈放。出来なければ、刑務所に戻る。」
という条件で、捜査に協力することになるのでした。


 数日後、今度はアメリカの先物取引市場で事件が発生。大豆の先物取引がハッカーによって不正操作され、価格が2.5倍に高騰してしまいます。ハサウェイは早速チェン達と合流すると、
「市場価格が操作出来るのであれば、普通はバレないように操作するはず。急騰させたということは、すぐに大金が必要だったのでは?」
と推理。それを元に、チェンは市場の混乱で莫大な利益を得た人間の調査を始めます。一方ハサウェイ達は、市場のコンピューターにアクセス出来た人物を捜査。すると、事件直前に退職した不審な人物が浮かび上がってきます。すぐにその男の自宅を訪れますが、時既に遅し。男は遺体となって発見されます。その後ハサウェイとリエンは、男のパソコンに残っていた返信途中のメールから、誰かと取引をしている途中だったと察し、男のフリを装って、その“何者か”との接触を試みるのでしたが・・・。


 現代にふさわしく、“ハッカー”という見えない脅威を題材に、文字通り世界中を股にかけた攻防が繰り広げられます。ハッキング時のミクロから一気に広がっていく映像は、非常に精巧で圧倒されます。


 そして本作のもう1つの魅力は、壮絶な銃撃戦を始めとする、アクションシーンの数々。決してパソコンだけでは解決しないテロとの戦いを、より克明に描き出していきます。


 展開はかなり強引でご都合主義的ですが、今まさに起こりうる現代の脅威との戦いを、是非劇場でご覧下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。



オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪