フォーカス | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予想外のラスト。命を賭けた騙し合いの行方とは。


2015年5月1日公開
監督:グレン・フィカーラ
ジョン・レクア
出演:ウィル・スミス
マーゴット・ロビー 他


【賛否両論チェック】
賛:主人公達が繰り出す巧妙な“嘘”の数々と、予測不可能なラストに、ハラハラさせられる。
否:倫理的には、大いに問題あり。ラブシーンや下ネタも多数あり。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・暴力シーン・拷問シーンなどあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・基本的にはなし



 プロの詐欺集団を束ねる主人公と、駆け出しの女性スリの出逢いが描かれます。主演はウィル・スミス。


 ホテルのレストランで1人食事をしていた、主人公・ニッキー(ウィル・スミス)。そんな彼のところに、
「酔っ払いから逃げたいから、彼氏のフリをしてほしい。」
と、1人の女性・ジェス(マーゴット・ロビー)が声をかけてきます。すぐに気があった2人は、ホテルのジェスの部屋でイイ雰囲気に。しかし次の瞬間、銃を持った彼女の夫という男が乱入。ニッキーに銃を突きつけます。・・・と、ここまではよくある美人局の手口でしたが、不思議とニッキーは全く動じず、余裕綽々といった様子。それもそのはず、彼の正体は30人もの詐欺師を束ねる、詐欺のプロ中のプロ。実はニッキーは、レストランでジェスがスリをしているのを見ており、その正体に気づいていたのでした。その後、別の店で飲み直した2人。ニッキーはジェスに、スリの基本である、「視点(フォーカス)をそらすコツ」を伝授するのでした。


 しばらくして、アメフトのスーパーボウルの試合があるニューオーリンズに、詐欺の拠点を設けたニッキー。彼らは大口の詐欺は行わず、小さなスリや美人局、盗品売買などを積み重ね、莫大な利益を上げていました。そんな彼の下を、あのジェスが訪ねてきます。なんとかニッキーに近づきたいジェスは、仲間入りを志願。ニッキーも、彼女のスリの技術には一目置いており、早速彼女を仲間達と雑踏に送り出します。建物の上からニッキーが見守る中、ジェス達は華麗なる連係プレーで次々とスリを成功させていきます。こうしてジェスは、晴れてニッキーのグループへの仲間入りを果たすのでした。


 一方、ニッキーとジェスは師弟の間柄を越え、プライベートでもすぐに恋人同士になっていきます。その後も彼らの業績は順調で、1週間で120万ドルという、過去最高の利益を上げるのでした。大金を持って拠点を後にする際、ニッキーはジェスをスーパーボウルの最終戦に誘います。何故かVIP席のチケットを持っていたニッキー。
「それが俺のスゴいところ。」
と笑うニッキーは、周りの観客の行動に金を賭けて、ジェスと遊び始めます。すると、斜め後ろにいた男・リーが、
「私も混ぜてほしい。」
と参戦してきます。始めは他愛もない少額を賭けている3人でしたが、次第に賭けの対象は選手のプレーに移り、金額もだんだんと大きくなっていきます。しかも、結果はことごとくリーの勝利。ジェスが止めますが、ニッキーは賭けを続け、とうとう売り上げの120万にまで手をつけてしまうのでした・・・。


 さすがは詐欺のプロ。次から次へと繰り出される手練手管の数々に、思わず圧倒されます。
「どこまでが嘘なんだろう・・・?」
という読めない心理戦の攻防が続き、非常にスリリングです。そして、予想外の思わぬラストも必見です。


 道徳的には勿論問題がありますが、純粋にハラハラドキドキしたい時に、是非オススメです。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪