映画 ビリギャル | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

思わず勉強したくなる(笑)。可能性に挑んだ奇跡の物語。


2015年5月1日公開
監督:土井裕泰
出演:有村架純・伊藤淳史・野村周平 他


【賛否両論チェック】
賛:「無理だ」と言われ続けても挫けず、走り続ける主人公に元気と勇気をもらえる。そんな主人公を、陰で応援してくれる周囲の人間達のささやかな優しさにも感動。
否:結果はもう周知の通りなので、あまり驚きはなし。中盤以降の蛇足感もやや否めないか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 サブタイトルは、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」。主演は有村架純さんです。


 主人公・工藤さやか(有村架純)は、小さい頃から友達がいませんでした。高校2年生になり、仲間の不良少女達と毎晩遊び呆ける生活を送っていた彼女はある日、カバンの中に入っていたタバコを担任・西村(安田顕)に見つけられてしまい、校長室に呼び出されてしまいます。
「他の吸っていた奴を言えば、退学は免れる。」
という学校の説得にも、決して友達を売らなかったさやかは、結局無期限の停学になってしまいます。そんな彼女を心配した母・あーちゃん(吉田羊)は、
「話だけでも聞いてきたら?」
と、彼女を学習塾「青峰塾」へと向かわせるのでした。


 そこでさやかが出逢ったのは、落ちこぼれの少年少女達をやる気にさせる天才講師・坪田(伊藤淳史)。坪田は、学力診断テストで見事に0点を取ったさやかの学力に驚きますが、同時にそのユーモラスな解答と、解答欄だけは全部埋める積極性に可能性を感じます。早速目標を決めることになり、坪田は私学の最高峰・慶応大学を提案。
「さやかが慶応とか、超ウケる!!」
と言いつつ、その気になったさやかは、慶応大学文学部を第1志望に決めるのでした。


 しかし、案の定周囲の反応は冷ややか。あーちゃんは
「・・・どこの慶応?」
と言い出し、仲間達は大笑い。それでもさやかは臆することなく、まずは小4のドリルから黙々と解き始めます。そんな矢先、いつものように教室で寝ているところを西村に咎められたさやかは、
「大丈夫、さやか慶応行くから。」
と反論。常日頃から、落ちこぼれの生徒達を軽蔑していた西村は、
「お前みたいなクズが、何が慶応だ!!」
と怒鳴ります。これにカチンと来たさやかは、教卓の前に歩み出ると、
「工藤さやかは、慶応大学に合格します!!」
と高らかに宣言。かくして、後には引けなくなったさやかの、一見無謀とも言える慶応大学挑戦が始まるのでした・・・。


 周りからどんなに「無理だ」と言われても、その言葉に負けずにひたむきに頑張り続ける主人公の姿が、とても爽やかで印象に残ります。
「可能性があるって知っておくことって、すごく大事。」
という坪田先生の言葉や、
「意志あるところに道は開ける。」
という言葉、そして主題歌のサンボマスター「可能性」のサビ、
「ダメじゃないよぼくたち 終わらせんな可能性」
といった言葉の端々に、この映画に込められた想いが詰まっているような気がします。


 そして何より感動を誘うのが、そんな彼女を理解し、支え続ける周囲の人々の存在です。坪田先生は高校からの圧力に決して屈さずにさやかを擁護し、あーちゃんは学費を稼ぐために夜遅くまでパートを続け、親友達はさやかのために、敢えて遊びに誘わないという誓いを立てます。そんな周囲の支えがあって、初めて“奇跡”が起きる。その過程が非常に感動的です。


 夢を追いかけ続ける全ての人に、是非観ていただきたい作品です。



【ワンチャン・ポイント】
※野村周平さん・・・本作では、主人公に感化され、受験勉強に本腰を入れるようになる不良少年役。「日々ロック」で主役の熱血バンドマンを好演されていらっしゃった方で、他にも「パズル」での不気味な非行少年役や、「江ノ島プリズム」での福士蒼汰さん・本田翼さんの同級生役でもご出演。6月公開の「愛を積む人」にも出演されるそうです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪