博士と彼女のセオリー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

深くて切ない。難解かつ詩的な愛の物語。


2015年3月13日公開
監督:ジェームズ・マーシュ
出演:エディ・レッドメイン
フェリシティ・ジョーンズ 他


【賛否両論チェック】
賛:実在する博士の半生を通して、困難に立ち向かっていく勇気を教えられる。エディ・レッドメインの熱演も必見。
否:色々と難しい理論が登場したり、理屈っぽい会話も多いので、思わず眠くなってしまいそう。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・手術のシーンがあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし



 実在の宇宙物理学研究の第一人者・ホーキング博士の半生を描いた作品です。主演はエディ・レッドメイン。


 物語の始まりは、1963年。ケンブリッジ大学で物理学を専攻していた学生、スティーブン・ホーキング(エディ・レッドメイン)。学生としては非常に優秀で、教授に出された難解な課題も、他の学生達が苦労する中、提出日当日の午後から始めて、結局1番良い成績を残してしまうほどでした。そんな彼はある日、親友のブライアンと行ったパーティーで、言語学を専攻しているジェーン・ワイルドと出逢います。お互いにどこか惹かれるところを感じた2人は、すぐに親密になっていきます。物理学での研究も順調で、スティーブンの前途は幸せかと思われました。


 ところがそんなある日、スティーブンはキャンパスで突然倒れてしまいます。運ばれた病院で受けた精密検査の結果は、「運動ニューロン疾患」という診断でした。この病気は、筋肉に脳からの命令を正常に送ることが出来なくなり、徐々に歩くことも話すことも出来なくなってしまうという難病で、医師からは“余命2年”を告げられてしまいます。あまりのことにショックを隠せないスティーブンは自室に籠るようになってしまい、心配するブライアンやジェーンを遠ざけるようになってしまうのでした。そんな彼を、それでも愛していたジェーンは、彼のそばに寄り添い続けることを決めます。


 その後、スティーブンとジェーンは結婚し、子供も生まれます。スティーブンの
「宇宙には始まりがある。」
という理論も注目を浴びるようになり、彼は一躍時の人となっていきます。一方で、病気は着実に彼の体を蝕んでおり、やがて彼は車イスで生活を送るように。それでも会話にはユーモアを絶やさず、明るく努めていたスティーブンでしたが、いつしか言葉を発することも困難になってしまうのでした・・・。


 難病という不幸に直面し、次から次へと悪化していく病状にあっても、それでもなお諦めることなく、今自分に出来ることを必死に続けていくスティーブンの姿に、改めて深く考えさせられるものがあります。一方で、決して純愛一辺倒ではなかったスティーブンとジェーンとの関係性には意外な印象を受けます。その辺り、観る人によっては賛否ありそうなところでしょうか。


 難しい論理や理屈も沢山説明されるので、興味がないと退屈だと思います。天文学や物理学に、多少なりとも関心がある方の鑑賞をオススメします(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪