劇場版 名探偵コナン 業火の向日葵 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

芸術ミステリーは難しい。興味があれば要チェック!!


2015年4月18日公開

監督:静野孔文
出演(声):高山みなみ・山口勝平 他


【賛否両論チェック】
賛:前半に登場する謎めいたシーンの数々が、後半で全て明かされる様子が見事。
否:アクションはやりすぎ感満載で、荒唐無稽。絵画に関する蘊蓄も多数登場するので、興味がないと楽しめない。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも



 人気アニメの劇場版・第19弾です。


 ニューヨークでオークションにかけられた、ゴッホの名画「ひまわり」。これは7枚あるうちの1枚で、元々は戦時中の日本にあり、空襲で焼失したと思われていたものでした。今回フランスにある田舎町の納屋の屋根裏から発見されたその絵は、真作か贋作か論議を呼んでいましたが、鑑定の結果、本物の可能性が高く、芦屋で焼けた物が贋作だったか、もしくは8枚目の「ひまわり」であるという説が有力となっていました。オークションは世界の大富豪を巻き込んで白熱しますが、最後に“3億ドル”という破格の値段で、鈴木財閥の会長・鈴木次郎吉が落札したのでした。


 その後のインタビューで、次郎吉の狙いが明かされます。なんと彼は、日本で7枚の「ひまわり」を集めた展覧会を開く計画を進めており、水面下で他の「ひまわり」の所有者とも交渉済み。今回の落札が、展覧会開催の大きな足がかりになるとのことでした。日本でたまたま中継を観ていたコナン達も、驚き呆れます。ところがそのインタビュー中、突然1枚のカードが投げられます。それは怪盗キッドが予告状に使う、“キッドカード”でした。ざわつく会場内で、ゆっくりと歩み寄ってきた1人の青年が、突如上空高く飛び上がると、キッドの正体を現して逃走します。警備担当のチャーリーが追跡しますが、あと1歩のところで逃げられてしまいます。宝石しか狙わないはずのキッドの突然の行動に、思わず驚きを隠せない次郎吉達でしたが、そんな彼らの下に、力を貸すべく1人の青年が現れます。なんとそれは、怪盗キッドが変装した工藤新一でした。


 その後、「ひまわり」は次郎吉が選抜したスペシャリスト達、通称“7人の侍”に守られながら、空路で一路日本へ。しかしその機内で事件が発生。何者かによって貨物庫が爆破され、「ひまわり」が機体の外へ流出してしまいます。それに気づいたキッドは正体を現し、ハングライダーで絵を追います。一方、損傷した機体は墜落を間一髪で免れ、同乗していた鈴木園子や次郎吉も、九死に一生を得ます。チャーリーは今回の事件を、怪盗キッドの仕業と断定。人命を何とも思わないその手段を、激しく非難します。しかしコナンは、今までであればそんな行為を決してしないキッドに、疑問を拭えません。果たしてキッドの本当の狙いは何なのか。謎が深まる中、事態は二転三転していくのでした・・・。


 さすがは名探偵コナン。前半は訳が分からないシーンや、謎めいた登場人物の言動が沢山登場しますが、後半でそれらが全て解き明かされていく様子が圧巻です。ただ今回は、題材が絵画というだけあって、それらにまつわる蘊蓄や専門的な知識も色々出てくるので、興味がないと退屈で眠くなりそうです。


 そして今回特筆すべきは、何といっても怪盗キッドの存在。ライバルでありながら、どこかコナンとの友情も育みつつあった彼の予測不可能な行動の裏に、果たしてどんな謎が隠されているのか。その辺りも是非是非ご注目下さい。


 予備知識も最悪なくても大丈夫かとは思いますので、まだご覧になったことのない方も、この機会にチェックしてみて下さい。



【ワンチャン・ポイント】
※絵画にまつわるミステリー・・・本作では、ゴッホの名画「ひまわり」にまつわる謎がテーマとなっています。最近の映画で絵画にまつわるミステリーといえば、やはり綾瀬はるかさん主演の「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」でしょうか。最近では他にも、ナチスから幻の絵画を守ろうとする「ミケランジェロの暗号」や、絵画を収集していた鑑定士が謎めいた依頼を受ける「鑑定士と顔のない依頼人」なんかが注目どころです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪