ドラゴンボールZ 復活の「F」 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

知識は必須。規格外の大バトル!!


2015年4月17日公開
監督:山室直儀
出演(声):野沢雅子・堀川りょう・中尾隆聖 他


【賛否両論チェック】
賛:復活した最強の敵と孫悟空との、予測不可能な大バトルに息を飲む。往年の懐かしいキャラクターが続々登場するのも嬉しい。
:何らかの前知識は必須。何も知らずに観ると、あまり感動がないまま終わりそう。終わり方も案外尻すぼまりか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・フリーザのシーンは少しだけ怖いかも



 あの伝説のアニメの、劇場版最新作です。あの最強の敵が復活します。


 かつて孫悟空(声:野沢雅子)によって倒され、地獄に追いやられた悪の帝王・フリーザ(声:中尾隆聖)。彼は地獄のお花畑で苦痛に耐えながら、1人復讐の時を待っていました。時を同じくして、フリーザ軍の残党はソルベを総司令官に戦いを続けていましたが、フリーザやその側近がいない寄せ集めの軍では、その勢力は弱まるばかり。そんな中、ソルベは地球に向かうことを決意。その目的は、ドラゴンボールによってフリーザを復活させることでした。


 ちょうどタイミングよく、ピラフ一味がドラゴンボールを集めており、ソルベは彼らに接触。強引にドラゴンボールを全て集めさせ、神龍を呼び出させます。しかし、復活したフリーザの肉体は、倒された当時のままバラバラ。やむなくソルベはその肉体を本隊に持ち帰り、最新鋭の肉体回復装置に入れ、その体を蘇らせるのでした。その後しばらくして、フリーザは復活。その桁外れの戦闘力で新しい部下達を圧倒すると、自らを倒した孫悟空とトランクスへの復讐のために動き始めます。強くなった悟空に対抗するため、彼は生まれて初めてトレーニングを開始するのでした。


 一方地球では、ブルマやクリリンらが平凡な毎日を送っていましたが、宇宙から慌ててやってきたブルマの知り合いの宇宙パトロール隊員が、フリーザの復活と復讐を告げます。しかもフリーザ軍は、あと1時間もすれば到着するとのこと。ところが悟空とベジータ(声:堀川りょう)は、ちょうど破壊神ビルス(声:山寺宏一)の側近にして師匠・ウイスのところへ修行に行っており、連絡が取れません。やむなくブルマは、かつての仲間達に地球の危機を伝達。かくして悟空とベジータ抜きの、絶体絶命の戦いの幕が上がるのでした・・・。


 さすがはドラゴンボールZ。今回は復活した伝説の敵・フリーザとの大迫力の異次元バトルが繰り広げられます。饒舌で上から目線のフリーザを、前回からさらにパワーアップした悟空が、ひるむことなく迎え撃っていく様子が痛快そのものです。シリアスなシーンの中にも、ところどころでコミカルな描写が入るのも、この作品ならでは。懐かしいキャラクター達の総登場も、往年のファンには嬉しいところです。


 ちなみに知る人ぞ知る、フリーザ役の中尾隆聖さんは、「アンパンマン」では“ばいきんまん”の声も担当されています。そのハマり役にも要注目ですね(笑)。



【ワンチャン・ポイント】
※堀川りょうさん・・・本作では、言わずと知れたベジータの声でご出演。ベジータと並んでこの方の代表作といえば、何といっても「名探偵コナン」での服部平次役ですね。どちらも非常にクールな役どころですが、前回の「ドラゴンボールZ 神と神」では、ベジータが破壊神ビルスを怒らせないように、ぎこちない歌とダンスを披露していました(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪