ワイルド・スピード SKY MISSION | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

最強の敵、現る。度肝を抜かれるスカイミッション!!


2015年4月17日公開
監督:ジェームズ・ワン
出演:ヴィン・ディーゼル
ポール・ウォーカー
ジェイソン・ステイサム 他


【賛否両論チェック】
賛:桁外れのカーアクション・格闘シーンが繰り広げられ、痛快かつ圧巻。シリーズ全体を通して話がつながるのも嬉しい。
否:前作までの知識は必須。とにかくアクションの連続なので、観ていて疲れそう。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖いかも



 ド派手なカーアクションでお馴染みの作品、その最終章。そして撮影半ばで亡くなった、ポール・ウォーカーの遺作です。


 前作で、ヨーロッパを牛耳るマフィア、オーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)を倒したドミニク(ヴィン・ディーゼル)達。重傷を負わされたショウの病室を訪れ、
「弟の仇を取るのは、いつも兄の役目だ。」
と告げる、1人の男(ジェイソン・ステイサム)。彼が病室を出ると、そこには彼が入ってくる際に倒したと思われる特殊部隊の隊員達が、累々と倒れていました。その数は病院の外まで続き、男が立ち去ると同時に病院もろとも崩れ落ちてしまうほどでした。男はその後、外交保安部に侵入し、捜査情報をハッキング。男に気がついた捜査官・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と激しい死闘を繰り広げます。形勢は互角でしたが、男が投じた手榴弾から同僚・エレナを庇ったホブスは、窓から転落し負傷。男は逃走してしまうのでした。


 一方、ドミニクの相棒で、元FBI捜査官のブライアン(ポール・ウォーカー)は、妻でドミニクの妹のミアとの間に子供をもうけ、ミニバンで学校の送り迎えをするなど、普通の生活に馴染もうと努力していました。ある日のこと、いつものようにブライアン宅を訪れていたドミニクの下へ、1本の電話が。電話の相手はあの男で、
「何者だ?」
と聞くドミニクに、男は
「すぐに分かる。」
と答えます。次の瞬間、玄関先に届けられていた小包が突然爆発。ドミニクとブライアンのとっさの動きで、怪我人はいませんでしたが、彼らはすぐに身の危険を感じ取るのでした。その後ドミニクは、意識を取り戻したホブスに呼ばれます。ホブスによると、犯人はオーウェン・ショウの兄・デッカード。元イギリス軍の特殊部隊にいた強者で、ショウの仇を取るために、ドミニク達を狙っているとのこと。既に東京ではドミニクの仲間・ハンが殺されており、事態はますます予断を許さなくなります。ブライアンはすぐに、ミアと子供をドミニカの信頼出来る友人に預け、厳重な警護をつけてもらうのでした。


 ハンの葬儀の日、ドミニクは自分達を監視する不審な車を目撃し、すぐさま後を追いかけると、車同士で対峙します。お互いに激しく車をぶつけ合ったドミニクとデッカードは、車を降りてにらみ合いますが、そこへ突然武装した特殊部隊が割って入り、デッカードは逃走します。事態が飲み込めないドミニクでしたが、そのまま特殊部隊の本部に招かれます。そこで彼は、地球上のありとあらゆる監視カメラや携帯電話の映像・音声を収集し、敵の居所を瞬時に突き止めるシステム、通称“神の目”の存在を知らされます。その開発者のハッカー・ラムジーは武装勢力によって拘束されており、特殊部隊側はその奪還をドミニク達に要請。見返りとして“神の目”を使ってデッカードを捜索することを了承します。かくして、ドミニクや特殊部隊、武装勢力にデッカードといった四つ巴の戦いの火蓋が、切って落とされるのでした・・・。


 最近のこのシリーズではお約束になっていますが、今回も度肝を抜かれるド派手なアクションが満載で、しかも次から次へと繰り広げられます。今回は“空”が1つのテーマになっているので、上空から落下したり、崖を転がり落ちたり、ビルからビルへと飛び移ったりと、およそカーアクションでは考えられないようなシーンの連続で、観ていて思わず息切れしそうになります(笑)。ストーリーは割と有って無いようなものではありますが、あのジェイソン・ステイサム演じる最強の敵を前に、仲間を守ろうと一丸となって戦い続ける主人公達の姿が、不思議と感動を誘います。


 難点としては、シリーズを通しての知識がないとイマイチ楽しみきれないところでしょうか。逆にシリーズのファンでしたら、懐かしの登場人物が出てきたりするので、間違いなく楽しめるかと。ファン向けですが大衆向けでもある、ザ・娯楽カーアクション映画です。



【ワンチャン・ポイント】
※ロンダ・ラウジー・・・本作では、アブダビに滞在中のヨルダン王子のボディガード役でご出演。ミシェル・ロドリゲスと大乱闘を演じていますが、本業が女性総合格闘家の方なので、殺陣が迫力満点です(笑)。最近では「エクスペンダブルズ3」で、新生・消耗品軍団の紅一点としての活躍も記憶に新しいところ。今後もその活躍に期待です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪