エイプリルフールズ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

嘘に笑い、嘘に泣く。ブラックジョーク満載群像劇!!


2015年4月1日公開
監督:石川淳一
出演:戸田恵梨香
松坂桃李
ユースケ・サンタマリア 他


【賛否両論チェック】
賛:様々な事情による様々な“嘘”によって、登場人物達の運命が彩られていく様子に、油断していると思わず感動させられる。それぞれのストーリーが意外なところでつながるのも見事。
否:人によっては笑えないブラックジョークも多数登場。子供と観るのは不向き。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・ほんの少しだけあり
怖シーン・・・シリアスなシーンは結構あり


 まさかの「感動したい」に分類しました(笑)。エイプリルフールの1日を描いた群像劇です。


 物語の舞台は、とある大都会の4月1日。テレビでは朝から、
「42年前に行方不明になっていた少年(生瀬勝久)が、インドネシアで発見された。」
というニュースが話題になっていました。それを寝ながら見ていた1人の女性・あゆみ(戸田恵梨香)は、おもむろに電話をかけ始めます。そしてやっとつながった相手の男性に、
「あなたの子供を妊娠しています。」
と爆弾発言をするのでした。電話の相手は、若手の天才医師・亘(松坂桃李)。女癖の悪い彼は、あゆみの電話を受けた時も他の女性と寝ている真っ最中でした。しかも、あいにくその日はエイプリルフール。亘はあゆみの話を全く信じず、すぐに電話を切ってしまうのでした。


 ところ変わって、とある学校の通学路。下校途中の小学生・理香を、見るからに怪しげな男達(寺島進・高橋努)が呼び止めます。
「お父さんが事故に遭ったから、迎えに来た。」
という言葉で連れていこうとしますが、理香は抵抗。しまいには半ば強引に車に押し込み、連れ去ってしまいます。ところがこの誘拐犯、身代金を要求するでもなく、ラーメン屋に連れていったり、遊園地に連れていったりと、どこか普通の誘拐犯とは違う様子なのでした。


 またまたところ変わって、とある高級ブランド店で洋服を選んでいる、宮家とおぼしき老夫婦(里見浩太朗・富司純子)。そのリムジンの運転を仰せつかった、しがない雇われ運転手(滝藤賢一)は、緊張しっぱなし。おまけに2人が、
「運転手さんのオススメのお店に行きたい。」
なんて言い出したから、さあ大変。顔馴染みのハンバーガーショップに乗りつけると、店長(古田新太)や店の客達をも巻き込んでの大騒動になってしまいます。一方その頃、2回目の電話で亘のいるレストランを知ったあゆみは、着の身着のまま現地へ直行。何故かリュックに入っていた拳銃を片手に立て籠ってしまいます。その他様々なサイドストーリーが巧みに絡まりながら、事態は思いもよらぬ方向へと進んでいくのでしたが・・・。


 大小様々なストーリーが同時に展開され、かつ意外なところで絶妙に絡み合う様子が、絶妙であり秀逸です。1本も2本も取られる感じです(笑)。そして、油断していると予想外に感動します。本来罪であるはずの嘘が、誰かを救い、時としてその人の運命をも変えていく。そしてそれが何重にも連鎖していく姿に、思わず心を動かされます。


 ただ、案外ブラックなジョークというか、笑えない人には全く笑えないようなネタも結構あるので、その辺りはかなり好みが分かれそうなところです。とりあえず、家族でご覧になるのは不向きかと。人生の機微を知っている大人が観ると、笑って泣ける感動のストーリーに仕上がっています(笑)。


 登場するキャストもこれでもかというほど豪華なので、その辺も是非ご注目下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※滝藤憲一さん・・・本作では、ロイヤル夫婦をおもてなしする運転手役。新進気鋭の注目俳優さんで、最近の出演作では「るろうに剣心 京都大火編・伝説の最期編」で、志々雄の懐刀・方治役を熱演されていらっしゃいました。他にも水川あさみさん主演のホラーサスペンス「バイロケーション【表・裏】」では、自らのバイロケに苦しめられる刑事役でご出演。6月公開の社会派ミステリー「予告犯」にも出ていらっしゃるそうなので、今後も要注目です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪