クラウン | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

シャレにならない恐怖。本当は恐ろしいピエロの秘密。


2015年3月21日公開
監督:ジョン・ワッツ
出演:アンディ・パワーズ
ローラ・アレン 他


【賛否両論チェック】
賛:夫の命と息子の命、両方をなんとかして救おうと奔走する妻の姿が印象的。
否:R-15なので、かなりグロいシーンが多い。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが結構あり


 ピエロの衣装が脱げなくなり、その呪いに蝕まれていくホラー映画です。


 主人公のケントは、不動産会社勤務。その日は一人息子のジャックの誕生日で、自宅では妻のメグが友人達を招き、誕生パーティーを開いていました。しかしそこへ、頼んでいた出張ピエロが来られなくなってしまったという連絡が入ります。電話で事情を聞いたケントは、なんとかジャックを喜ばせようと、たまたま訪れていた担当物件の地下室を物色。するとそこに、古びた箱に入れられたピエロの衣装を発見するのでした。


 カラフルなカツラと赤鼻、そしてピエロの衣装を身につけたケントは、帰宅するとピエロの“ダモ”として、ジャック達を喜ばせます。ところが翌朝、ピエロの格好のままソファーで寝てしまったケントが着替えようとすると、どんなに頑張ってもカツラも衣装も脱ぐことが出来ません。やむなくケントは帽子にサングラスをしてジャックを学校へ送り、仕事へと向かうのでした。その後も衣装は全く脱げず、カッターはおろか電動ノコギリも歯が折れてしまいます。メグの手助けもあり、なんとか赤鼻は取ることが出来ますが、ケントの鼻はかなりの重傷。そしてこの頃からケントは、異常なくらいの食欲に苛まれるようになるのでした。


 なんとか衣装を脱ぐべく、元の持ち主の兄に連絡をとるケント。ハーバートというその兄は、
「よくあることだ。」
として、ケントを自宅へと招きます。てっきり衣装の脱ぎ方を教えてくれるものだとばかり思っていたケントでしたが、ハーバートは何故かピエロの起源を語り始めます。それによると、ピエロは元々東欧の雪山に棲む悪魔で、毎年冬の間に5人の子供をさらっては喰らうという、恐ろしい存在だったとのこと。いぶかしがるケントでしたが、時既に遅し。飲み物に入れられていた睡眠薬により、ケントは眠らされてしまいます。そして次にケントが目を覚ますと、今まさにハーバードが彼の首を切り落とそうとしている瞬間でした・・・。


 前半は衣装が脱げなくて苦笑いしていた主人公が、だんだんシャレにならない事態になっていき、後半は悪魔にとり憑かれて豹変していく様が非常に怖いです。そして、子供を狙う彼からなんとかして息子を守ろうとする妻が、同じくらい夫のことも心配し、必死に呪いを解こうと奔走する姿も印象的。ホラーの中にも、家族の絆を感じさせてくれる展開になっています。


 描写はかなりグロいので、お気をつけ下さいませ。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪