ソロモンの偽証 <前篇・事件> | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

偽善者からの脱却。謎解きよりは人間ドラマ。


2015年3月7日公開
監督:成島出
出演:藤野涼子・前田航基・石井杏奈 他


【賛否両論チェック】
賛:大勢に流されることなく、やりたい・やるべきことを自らの手で成し遂げていこうともがく中学生達の姿が、非常に印象的。後篇に含みを持た
せる終わり方も見事。
否:前篇だけの印象では、事件そのものの謎は全くないので、ミステリー好きには逆に退屈かも。過激ないじめのシーンやDVのシーンがあり。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・いじめやDVのシーンがあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・柏木卓也が登場するシーンは結構怖い


 宮部みゆきさんのミステリーを映画化。前・後篇2部作で、今回はその前篇です。


 物語は、江東区のとある中学校に、現在は教師になっている主人公・涼子(尾野真千子)が訪れ、中学時代を振り返るところから始まります。時代はバブルがはじけた直後、1990年。12月25日のクリスマスの朝、その日は前夜からの記録的な大雪で、東京にしてはかなりの積雪がありました。しばらく学校に来ていないウサギの飼育委員・柏木卓也に代わり、朝早く登校した涼子と、同級生の健一。校門にいる苦手な先生を避け、裏門から入った2人は、裏庭の雪の中に“何か”が埋まっているのを発見。掘り起こした2人の目の前に現れたのは、なんと柏木の遺体でした。


 警察の捜査の結果、柏木の死は自殺と断定され、年末に通夜が営まれます。しかし年が明けしばらくした後、涼子の下に1通の“告発状”が届けられます。それは、
「柏木卓也の死は自殺ではなく、同級生の大出俊次とその取り巻き2人によって殺されたのだ。」
というものでした。大出は地元でも有名な不良で、毎度のように何か事件を起こしては、金持ちの父親の力で揉み消してもらうという、札付きのワルとして知られていました。同じ告発状は学校にも届いていましたが、刑事でもある涼子の父(佐々木蔵之介)は、時の校長(小日向文世)と相談。
「イタズラに生徒達を刺激したくない。」
という校長の意向に沿う形で、告発状の一件は伏せられることになるのでした。


 ところがやがて、学校にテレビ局のプロデューサー・茂木がやってきます。彼によると、
「告発状が柏木達の担任・森内(黒木華)の下に届いたが、あろうことか破いて捨てられていた。それを見つけた善意の第三者から匿名の告発があ

った。」
とのことで、その後も茂木は、学校の周りをしつこく嗅ぎ回ります。森内は必死に無実を主張しますが、周りの教師達にも信じてもらえず、結局学校を辞めざるをえなくなってしまうのでした。一方、柏木の死にずっと疑問を感じていた涼子でしたが、特に何か行動を起こすわけでもなく、時に流される毎日を過ごしていました。しかし彼女の脳裏には、焼きついて離れない柏木の記憶がありました。それは夏のある日、クラスのイジメられっ子の仲良しコンビ・樹理と松子の2人が、大出のグループに殴る蹴るの暴行を受けている現場を目撃したこと。何も出来ずに立ち去ろうとした涼子の前に、柏木が立ちふさがると、
「君みたいなのを、『口先だけの偽善者』って言うんだよ。」
と吐き捨てていくのでした。その言葉が頭から離れず、悩みに悩む涼子でしたが、柏木の事件から間もなくして、松子も非業の死を遂げてしまいます。やがて涼子は、
「柏木の死の真相を自分達の手で明らかにするため、自分達の手で裁判を開く。」
という、突拍子もない決意を固めるのでしたが・・・。


 中学生という、大人の都合によって左右されがちな年代にあって、自分達のやるべきことを自分達の手で切り開いていこうと決意する主人公達が、とても強くて印象的に映ります。「学内裁判」という異例の事態とあって、教師達の妨害があったり、モンスターペアレントからは激しい反発があったりと、前途は多難。それでも負けずに立ち向かっていく姿に、大人にはない凛々しさすら感じさせてくれます。


 続き物なので、当然ながら前篇だけでは全部は分かりませんが、前篇だけでの印象では事件そのものの謎ではなく、どちらかというと動機や人間関係の面での謎が残ります。ですので、ミステリー好きにとってはむしろ退屈な作品という感じかもしれません。その辺りが後篇でどう展開していくのか、期待ですね(笑)。


 結構過激ないじめのシーンやDVのシーンがあるので、そこだけご注意を。


【ワンチャン・ポイント】
※中西美帆さん・・・本作では、優しい保健の先生役。この方の有名出演作といえば、何といっても「喰女 -クイメ-」で市川海老蔵さん演じる主人公と浮気する若手女優役です(笑)。他にも少しの役ではありますが、「セカンドバージン」「永遠の0」「神様のカルテ2」にもご出演されていらっしゃいますので、是非チェックしてみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪