アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

言うまでもなく、「ザ・ファン向け映画」です(笑)。


2015年2月27日公開
監督:石原真
出演:SKE48 他


【賛否両論チェック】
賛:SKE創立時から現在までが赤裸々に映し出される、ファンには感動間違いなしであろう作品。
否:ファン以外が観ても、とくに感慨もなく、退屈なまま終わってしまいそう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 人気アイドルグループ・SKE48の歴史を追ったドキュメンタリーです。


 ドキュメンタリーは、SKE48の設立時からほぼ時系列に沿って進みます。序盤は設立直後、振り付け師の先生の厳しい指導の下、壮絶なダンスレッスンを乗り越え、成長していくメンバーの葛藤を映し出していきます。


 中盤のメインは新旧台頭。新しい世代が次々と加わる中で、自らの存在意義を模索する新旧メンバーの苦悩が描かれます。


 そして終盤は、卒業・移籍したメンバーのそれからや、次代のSKE48の姿が紹介されていきます。卒業後も第一線で活躍している方もいれば、一般人として会社勤めをしたり婚約をしたりしている方もいたりして、多種多様な活躍をなさっているようです。


 言うまでもなく、良くも悪くも完全にファン向け映画です。ファンではない人が観ても、「?」ってなるかと(笑)。強いて一般目線で観るならば、「自分のいる意味」を探し、壁にぶつかっても夢を追いかけ続ける少女達のひたむきな姿が、とても清々しくて印象に残ります。
「夢は与えられるより、自分から掴みに行きたい。」
というメンバーのセリフが、すごくカッコいいです。


 ファンの方、芸能界の舞台裏を垣間見たい方は是非。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>D


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪