幕が上がる | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

忘れていたひたむきさ。笑って泣ける青春ムービー!!


2015年2月28日公開

監督:本広克行
出演:百田夏菜子・黒木華・玉井詩織 他


【賛否両論チェック】
賛:高校時代の、一途に何かに打ち込む真っ直ぐな気持ちを思い出させてくれる。コミカルシーンと感動シーンのバランスも絶妙。
否:やはり演技面は、どうしても好き嫌いが分かれそうな部分は否めないか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・なし


 全国大会を目指す弱小演劇部の奮闘を描きます。主演はももいろクローバーZ。


 主人公・さおり(百田夏菜子)は、富士ヶ丘高等学校の演劇部員。一般的に、高校生の演劇部には年に1回の大会があり、地方予選を勝ち抜くと翌年の全国大会に進めることになっていますが、富士ヶ丘高校の演劇部は顧問の溝口(ムロツヨシ)も認める弱小部で、毎年最初の予選で敗退していました。そんな演劇部で、2年生だったさおりは半ば強引に次期部長にされてしまうのでした。


 それからも、なんとなく雰囲気に流されて活動を続けるうちに、演劇部をやる目的や意欲を失ってしまったさおり。そんな時、たまたま練習場所として借りた美術室で、さおり達は新任の美術教師・吉岡美佐子(黒木華)と出逢います。演劇には関心のない風を装いながらも、的確な演技練習の提案をする美佐子に、部員のユッコ(玉井詩織)やがるる(高城れに)は感心しますが、少しひねくれていたさおりは反抗し、
「じゃあ先生、やってみせてよ!!」
と言い返してしまいます。すると美佐子の表情は一変。素人離れした演技力で、さおり達を圧倒するのでした。


 一体美佐子は何者なのか。インターネットでその正体を調べたさおり達はあ然。実は美佐子は、かつて高校演劇の全国大会で活躍し、“女王”とまで呼ばれた存在でした。早速演技の指導を頼み込むさおりでしたが、役者の道を諦めて教師になった美佐子は、難色を示します。それでもさおりの熱意に押され、
「“見学”ということなら・・・。」
と、渋々手伝うことを承諾します。その日以来、練習に顔を出してくれるようになった美佐子の指導に、さおりは思わず感動。自分が他の部員の演技に対して思っていたことと、全く同じことを代弁してアドバイスしてくれるその姿に、さおりは忘れかけていた演劇への情熱を取り戻していきます。そしてそこへ、演劇の名門高校からの訳あり転校生・悦子(有安杏果)も加わり、演劇部の面々は一歩ずつ成長していくのでした・・・。


 高校時代、多くの人が持っていた部活への情熱を、思い出させてくれる作品です(笑)。目標を見失っていた主人公が、“全国大会出場”という新しい目標に向けて、日々悩みながらも全力疾走していく様子が、非常に爽やかに描かれていきます。演技面はご愛嬌な部分もありますが、それでもひたむきな主人公達の姿に、感動を覚えます。


 そして本作では、チョイ役で思いもよらない大物俳優さんが結構出てきます。思わず笑ってしまうような絶妙なキャスティングなので、是非その辺りも注目してみて下さい。イマドキの、笑って泣ける青春映画です。


【ワンチャン・ポイント】
※学校のシーン・・・学校のシーンは、最近の映画でよく登場するところ。「ハイキック・エンジェルス」や「神さまの言うとおり」「近キョリ恋愛」などでお馴染みです。校舎の間にある、中庭風の屋上が印象的ですね。


※黒木華(はる)さん・・・本作では、主人公達をサポートする元“演劇の女王”という役どころ。言わずと知れた新進気鋭の女優さんで、かつては「東京オアシス」で、五浪中の浪人生役で出演されていました(笑)。最近では「シャニダールの花」や「舟を編む」「小さいおうち」「銀の匙 Silver Spoon」等々、話題作に軒並みご出演。近日中では、3月公開の「ソロモンの偽証」にも出ていらっしゃいますので、要チェックです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪