タイムリミット-72 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

まるでB級“ダイ・ハード”!?予測不能なトラブル・サスペンス。


2015年2月17日公開
監督:クリスチャン・セスマ
出演:ルーク・ゴス
ヘザー・ループ
RZA 他


【賛否両論チェック】
賛:主人公が次々に巻き込まれるトラブルを、どう切り抜けていくかが見もの。ラストで1本取られる感じも痛快。
否:全体的な雰囲気やスケールなど、どうしてもB級感は否めない。主人公の人柄に、あまり共感出来そうにないのも辛いところか。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・急に攻撃されるシーンがあり


 元海兵隊員が巻き込まれる災難と、その運命を描いたサスペンスです。


 海辺の邸宅に住む、コンラッド・ミラーとその恋人・ローラ。海兵隊員だったものの、無断離隊の容疑がかけられているコンラッドは、その朝も
「最後の仕事がある。」
と告げ、出かけていきます。そんな彼に、ローラは自身の妊娠を報告するのでした。


 ところがコンラッドが出かけた直後、2台のパトカーがやってきます。彼らはロサンゼルス市警の刑事・アダムスと、ロシアの特殊情報局のクシュコ。渋々応対するローラでしたが、彼らによると、アダムスは詳細を知らないものの、ロシア政府が重要機密を元軍人のコンラッドに盗まれたため、彼の行方を追っているとのこと。それらしいウソをついて煙に巻いたローラでしたが、その後もアダムスはしつこく周辺を嗅ぎ回るのでした。


 その頃、田舎町のモーテルに辿り着いたコンラッドは、店番をしていたアザだらけの女・アマンダに宿泊を頼みますが、アマンダは何故かそっけなく断ります。その様子を不審に思いながらも、違う宿を探そうとしたコンラッドでしたが、モーテルを出ようとしたまさにその時、奥の部屋に多数の女性が監禁されているのを目撃。次の瞬間、何者かに殴られたコンラッドは、あえなく監禁されてしまいます。実はこの宿を経営する男、薬物と女性達を売り飛ばして儲けている悪党で、コンラッドは予期せぬ窮地に陥ってしまうのでした。一方、アダムスもコンラッドの足取りを掴み、彼を心配するローラも、アダムスについていく形で後を追います。そしてしまいには、ロシア政府の“財産回収人”と呼ばれる謎の殺し屋・マイロンも現れ、コンラッドはさらに大ピンチになっていくのでしたが・・・。


 本来関係なかったはずのトラブルに、次から次へと巻き込まれていく様子は、さながら「ダイ・ハード」のチープ版といった感じでしょうか。主人公もスキンヘッドですし(笑)。途中まではありきたりなサスペンスかと思って観ていると、最後の最後で上手くかわされる印象で、痛快さがあります。反面、主人公が割とあっけなく捕まってしまったり、意外と自己中心的だったりなど、リアルといえばリアルですが、やや主人公としては感情移入しにくい部分もあります。


 とはいえ、ハラハラドキドキ出来るサスペンスですので、気になった方は是非ご覧下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※RZA(リッザ)・・・本作では、コンラッドを追うロス市警の刑事・アダムス役。本業はヒップホップ・アーティストの方ですが、俳優としても有名な方です。最近では、故ポール・ウォーカーと共演した「フルスロットル」や、タイ映画「マッハ!無限大」、そして監督や音楽監修も務めた主演作「アイアン・フィスト」等々、どちらかといえばアクション映画に多数出演されていらっしゃいますね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪