アメリカン・スナイパー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これが“戦争”。悲惨かつ壮絶な戦場の真実。


2015年2月21日公開
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー
シエナ・ミラー 他


【賛否両論チェック】
賛:心を蝕まれていく主人公を通して、戦争の悲惨さがこれでもかと描かれていく。戦場のリアルな緊迫感も伝わってくる。
否:当然ではあるが、アメリカ側から見た戦争しか描かれない。残酷な描写もかなりあり。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・惨殺シーン多数あり
アクションシーン・・・多数あり
怖シーン・・・急に攻撃されるシーンが多数あり


 イラク戦争において、「ラマディの悪魔」と恐れられた狙撃手の半生の映画化です。監督はクリント・イーストウッド。


 主人公のクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、テキサス州生まれ。弟のジェフと共に元々はカウボーイをしていましたが、テレビのニュースでアメリカ大使館連続襲撃事件を知り、愛国心から海兵隊への入隊を決意します。その意欲を買われた彼は、壮絶な訓練を経て、特殊部隊・シールズの一員になります。時を同じくして、バーで知り合ったタヤ(シエナ・ミラー)と恋仲になったカイルは、彼女との結婚を決意するのでした。


 折しも、2001年の同時多発テロを受け、アメリカはイラク戦争に突入。カイルもイラクへと派遣されます。現地では海兵隊が、アルカイダのザルカウィを捜索中で、カイル達シールズの任務は、狙撃によって海兵隊を援護すること。この時カイルは初めて敵を射殺しますが、その最初の標的は、アメリカ兵に手榴弾を投げようとした少年とその母親でした。その後もカイルはその腕前を遺憾なく発揮し、次々と敵を射殺。その凄さは、海兵隊の中でもすぐに“伝説”扱いされるようになっていきます。


 そんな中、海兵隊は町の長老との接触に成功。彼からザルカウィの側近・通称“虐殺人”の存在を知らされるのでした。ところがその後、虐殺人が町を襲撃。応戦する海兵隊でしたが、敵の狙撃手でオリンピックにも出場した凄腕・ムスタファの的確な狙撃に遭い、カイルも撃ち返すことが出来ません。そしてその間に、長老の孫がドリルで処刑されてしまい、長老も銃殺されてしまうのでした。カイルの必死の反撃も虚しく、虐殺人やムスタファは逃走。敵への怒りを新たにしたカイルは、その後も志願してイラク派兵に参加。その間にタヤとの間には2人の子供をもうけます。しかし、4回に渡る戦争で160人以上を射殺し続けたカイルは、やがてその精神を蝕まれていくのでした・・・。


 元来は1人の心優しい夫だった主人公が、戦場から帰ってくる度にふさぎ込むようになり、些細な物音や他人の行動に過敏になっていく様が、非常にリアルに描かれていて、胸が痛みます。そして、そんな主人公が命がけの任務に就いていた戦場での、どこから敵が襲ってくるか分からない恐怖や、大切な仲間を殺される哀しさも、克明に描かれていきます。自伝の映画化なので、勿論アメリカから見た戦争の真実しか描かれてはいませんが、それでも戦争の悲惨さを伝えるのには、充分すぎるほど重厚な物語に仕上がっています。


 R-15なので、残酷な描写も結構あります。その辺はご注意を。心に残る1本といえそうです。


【ワンチャン・ポイント】
※ブラドッリー・クーパー・・・本作の主演。「ハングオーバー!!!」の色男役のイメージが強い方ですが、事実かなりのイケメンです(笑)。出演作は他にも、脳の100%覚醒させる薬を手に入れた男のサスペンス「リミットレス」や、ジェニファー・ローレンスと共演した「世界にひとつのプレイブック」、実際に起きた収賄事件を描いた「アメリカン・ハッスル」等々。意外なところでは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で、凶暴なアライグマ“ロケット”の声も演じていらっしゃいますね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪