味園(みその)ユニバース | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ドン底で輝く希望。昭和テイストの歌物語。


2015年2月14日公開
監督:山下敦弘
出演:渋谷すばる・二階堂ふみ 


【賛否両論チェック】
賛:ボロボロの主人公をそれでも必要とするヒロインと、その応援に応える主人公の姿に感動。渋谷すばるさんのステキな歌も沢山聴ける。
否:主人公達のどこかよそよそしい人間性には、結構好みが分かれそうなところ。終わり方もかなり強引で、暴力描写も多い。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・暴力シーン・おう吐シーンなどあり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・裏社会の雰囲気は結構怖いかも


 記憶喪失の男と、しがないバンドマネージャーとの出逢いを描きます。主演は関ジャニ∞の渋谷すばるさんと、二階堂ふみさん。


 出所してきた、1人の男(渋谷すばる)。やってきた男達に車に乗せられ、当面の金を受け取ります。ところがその直後、男は何者かの襲撃に遭い、激しい暴行を受け、道端に捨てられてしまうのでした。


 次に男が目を覚ました時は、既に夜。ホームレスに着ていた上着も取られ、行く当てもない男は、仕方なく公園の遊具の下で夜を明かします。翌日、同じ公園では、小さなダンスコンサートが開かれますが、その音楽に何故か心惹かれた男は、突然コンサートに乱入。マイクを奪い取り、「古い日記」を熱唱すると、そのまま気絶してしまいます。コンサートを取り仕切っていたカスミ(二階堂ふみ)達はあ然としますが、同時にカスミはその歌唱力に驚かされるのでした。


 そのまま放っておくわけにも行かず、カスミはやむなく男を連れ帰りますが、どうやら彼は記憶を失っている様子。父の跡を継いでカラオケボックスを経営しながら、同時に売れないバンド「赤犬」のマネージャーもしているカスミは、男を“ポチ男”と名付け、居候させることに。たまたま赤犬のボーカルが大怪我をしてしまったこともあり、ポチ男はすぐに赤犬のボーカルに抜擢されることになります。そんなポチ男は、カスミ達の後押しもあり、少しずつ記憶を取り戻していきます。しかしそれが同時に、彼自身を荒んだ過去へと追い返していくことになるとは、まだ誰も思ってもいませんでした・・・。


 全てを失ってドン底にいたポチ男を、それでも自分に必要とし、助けようとするカスミの姿が、とても切なく心に響きます。
「過去がないなら、未来を作ればいいだけの話や。」
という言葉に、全てが集約されているような気がします。そんな手助けに応えるかのように、素晴らしい歌声を披露するポチ男も、またステキです。


 ただ、案外笑いの要素は少なくて、裏社会絡みの暴力描写もあったりするので、どちらかといえば大人向けです。ラストもかなり強引で、無理やり終わらせた感が否めないかも知れません。


 どこか懐かしさが漂う、昭和テイストな作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※山下敦弘監督・・・本作の監督さん。「リンダ リンダ リンダ」や「苦役列車」で有名な方ですが、他にも妻夫木聡さんと松山ケンイチさんが共演された「マイ・バック・ページ」や、前田敦子さんがダメ女を演じた「もらとりあむタマ子」、乃木坂46が映画撮影に挑むモキュメンタリー「超能力研究部の3人」等でお馴染みの方ですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい♪