マッハ!無限大 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

一瞬たりとも目が離せない。驚異のド迫力アクション!!


2015年2月14日公開
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:トニー・ジャー
ジージャー・ヤーニン 他


【賛否両論チェック】
賛:群を抜く圧倒的な格闘アクションがほぼ全編に渡って繰り広げられ、退屈しない。前作の知識も基本的には不要。
否:ストーリーは有って無いようなものなので、ツッコミどころは多数あり。純粋にアクションを堪能するのがベストか。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・悪役のシーンは少し怖いかも


 古代ムエタイ戦士の末裔が、巨悪に挑むアクション映画。「トム・ヤム・クン!」の続編です。


 主人公・カーム(トニー・ジャー)は、タイの村で象と暮らす変わり者。古代ムエタイ兵士の末裔である彼は、子供達にもその一端を教えていましたが、村の大人達からは煙たがられていました。そんなある日のこと、いつものように象のコーンを連れて家に帰ったカームの下へ、マフィアのボス・スチャートがやってくると、
「象を売ってほしい。」
と告げます。しかし、コーンを弟のように可愛がってきたカームは当然これを拒否し、スチャート達を追い返します。


 ところがその後、カームがふと目を離した隙に、コーンは連れ去られてしまいます。怒ったカームはスチャートの居所を突き止めると、早速手下を叩きのめしながら、スチャートの部屋に殴り込みます。すると、スチャートは既に殺害されているのでした。しかも悪いことに、その時たまたま部屋に入ってきたスチャートの双子の姪・ピンピンとシューシンは、カームが殺したと思いこみ、襲いかかってきます。なんとか逃げるカームでしたが、すぐに警察も到着し、カームは殺人犯にされてしまいます。


 実はスチャートを殺害したのは、コーンをスチャートに奪わせた張本人・LC(RZA)の腹心〝ナンバー2”。闇の犯罪組織を牛耳るLCは、格闘家達を自らの下へ集め、ランク付けをしていました。そんなLCもまたカームの強さに興味を持ち、ナンバー2達に彼を捕らえるよう命じます。かくしてカームは、警察からも犯罪組織からも狙われてしまうのでしたが・・・。


 他の追随を許さない、怒涛のアクションに圧倒されます。他のアクション映画とは違い、ほぼ全編次から次へと多彩なアクションがどんどん出てくるので、息つく暇もありません(笑)。その分、演者さん達の体を張った桁違いのアクションが堪能出来るので、ストレス発散にはもってこいです。


 展開は超強引で、ツッコミどころもメッチャありますが、それを指摘するのは野暮というもの。それよりも、人間の限界を超える大迫力のアクションに酔いしれる、そんな作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※ラター・ポーガーム・・・本作では、色気とは裏腹に高い戦闘能力を有する美女・ナンバー20役。最近では実写版の「ルパン三世」でも、同じような敵方のナンバー2的なボジションで出演されていらっしゃいました。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


「映画の通信簿2014」発売しました!!
Amazon限定販売ですので、「映画の通信簿2014」で検索下さい。