ドラフト・デイ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

究極の頭脳戦。起死回生のクレバーな逆転劇!!


2015年1月30日公開
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:ケビン・コスナー
ジェニファー・ガーナー 他


【賛否両論チェック】
賛:緊迫感溢れるドラフト会議の模様が、臨場感たっぷりに伝わってくる。主人公のクレバーな逆転劇も見事。
否:如何せんドラフトのルールが複雑なので、ついていくのがやや難しいかも。スポーツに興味がないと、非常に退屈しそう。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 アメリカン・フットボールのドラフト会議を巡る、究極の頭脳戦を描いた作品です。主演はケビン・コスナー。


 まず冒頭で、アメフトのドラフト会議のルールを解説してくれます。ドラフト会議は、全米32チームで成績下位のチームから順番に指名。各指名の持ち時間は10分間で、その間に指名を行わなければいけません。日本の野球のドラフトのように、競合して1人の選手を指名することは出来ないため、指名の順番が物を言います。そこで行われるのが、「指名権のトレード」。例えば「今季の2巡目指名権」や「来季の1巡目指名権」といった具合で、希望選手を獲得するための材料として、指名権を交換することが出来、そこに在籍選手のトレードも加えることが出来るので、より高度な駆け引きが行われます。


 物語の始まりは、ドラフト会議まで12時間と迫った朝。主人公のサニー・ウィーバー(ケビン・コスナー)は、クリーブランド・ブラウンズのGMとして、弱小チームの再建に追われていました。かつてこのチームの監督だった父は、1週間前に他界。その日の朝、サニーは恋人であり同僚でもあるアリから懐妊の知らせを受けますが、ドラフト会議当日でとても素直に喜べないサニーは、ついついアリを怒らせてしまい、彼女は先に家を出てしまいます。そんなサニーの下へ、シーホークスのGM・サムから、早速トレードの申し入れの電話が。今季1位指名権を持つシーホークスは、アマチュアナンバー1の呼び声高いクォーターバック、ボー・キャラハンの指名が確実視されていましたが、なんとサムはその1位指名権のトレードを持ちかけてきます。見返りは、「向こう2年間のブラウンズの1巡目指名権」。迷った末に、サニーはこのトレードを断るのでした。


 今季のブラウンズの指名権は7位。当初、サニー達はその指名でランニングバックのボンテ・マックを指名する予定でしたが、翻意したサニーは再びサムへと電話。結局、3年分の1巡目指名権を放出する代わりに、サニーは今季の1位指名権を手に入れるのでした。これでキャラハンが獲得出来ると、地元ファンは大喜び。しかしブラウンズには、怪我からの復帰を目指すクォーターバック・ドリューがおり、
「自分がいるのに何故だ!?」
と猛反発。さらに、サニーは監督のペンとも折り合いが合わず、彼は次第に追い込まれていきます。果たしてサニーは、今回のドラフトをどう乗り切っていくのでしょうか・・・?


 ドラフトならではのルールを駆使して、主人公が奇策を打ち出す様が、観ていて痛快です。まさに頭脳戦といった感じで、ドキドキ感が続きます。ラストも、
「その手があったか!!」
という感じで、一本取られますね(笑)。逆に言うと、それくらいルールが複雑なので、理解出来ないと全然面白くないかと思います。


 良くも悪くも、日本人には少し馴染みの薄い世界ではあるので、その辺りの好き嫌いは大きく分かれそうな作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※ケビン・コスナー・・・本作の主演で、いわずとしれた名優です。最近では「マン・オブ・スティール」でのスーパーマンの育ての親役ですとか、「エージェント・ライアン」でのクリス・パインの上官役、そして「ラストミッション」での余命わずかなエージェント役などでご出演。その老練な演技に、これからも要注目です。



オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>



本サイトはこちら→ http://movienavi.net/