エクソダス 神と王 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

壮大なスケールで描かれる、自由を得る戦い。


2015年1月30日公開
監督:リドリー・スコット
出演:クリスチャン・ベイル
ジョエル・エドガートン 他


【賛否両論チェック】
賛:モーゼにまつわる奇跡の数々を、壮大なスケールで実写化していて、まさに圧巻。
否:旧約聖書の話なので、それ自体の好みは分かれそう。殺戮シーンや爬虫類のシーンも多め。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・かなりあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・神のシーンなんかは結構怖いかも


 旧約聖書に描かれている「出エジプト記」を実写映画化。主演は「バットマン」のクリスチャン・ベイルです。


 物語の舞台は紀元前1300年のエジプト。ファラオと呼ばれる王の下、首都のメンフィスは繁栄を極めていましたが、その礎は大多数の奴隷によって築かれており、中でもヘブライ人は400年以上に渡って虐げられていました。主人公・モーゼ(クリスチャン・ベイル)は、そんなファラオの王宮で育ちました。血筋こそ繋がってはいませんでしたが、王の実の息子・ラムセスとは兄弟同然に育った間柄で、人々からも崇められる存在でした。そんなある日、敵対するヒッタイト人が、国境近くのカダシュに陣を張ったという情報が寄せられます。ファラオはすぐに派兵を決めますが、同時に巫女による占いで、戦いの結果を予想させます。すると巫女は、
「戦いの結果は分からないが、別な予言が出た。戦いの最中、指導者を助ける者が現れ、その者がやがて民を導くだろう。」
と告げます。それを聞いたラムセスは冗談半分で、
「俺が危なくなっても、絶対に助けるなよ。」
とモーゼに言うのでした。


 いざ出兵し、敵陣を前にしたエジプト軍。周りから攻める作戦を採るラムセスに対し、モーゼは正面に兵力を集中させるよう進言しますが、プライドの高いラムセスはこれを無視。戦線は混乱し、ラムセスも窮地に陥ってしまいます。そんな彼を危ういところで救ったのは、他ならぬモーゼでした。以来、このことをラムセスは気にするようになり、少しずつモーゼを疎ましく思うようになっていきます。


 その後、植民地の視察でペナムを訪れたモーゼ。そこでは何十万人ものヘブライ人達が奴隷として働かされていました。モーゼは、
「直接目を見て奴隷達の話を聞きたい。」
と、年長の奴隷達を集めさせます。そこで彼は、長老のヌンと出逢います。夜中、彼に呼び出されたモーゼは、ヌンから自身の出生について聞かされます。それによると、なんとモーゼはヘブライ人であり、虐殺を恐れた実の両親がモーゼを川に流し、それを拾ったのがファラオの娘だったということでした。始めは一笑していたモーゼでしたが、その話はやがてラムセスの耳にも入り、ラムセスはモーゼとその家族を詰問します。その後モーゼは追放の刑に処され、砂漠の真ん中に置き去りにされてしまうのでした・・・。


 さすがは旧約聖書のストーリーだけあって、その世界観は桁外れです。何十万人もの兵士や奴隷達が繰り広げる物語は、観るだけでも圧倒されてしまいます。そんな中、大切な家族との別れを惜しみながらも、自身の使命のために突き進んでいくモーゼの姿に、感慨深いものがあります。


 宗教色がかなり強いので、その辺りの好みは分かれるかと思います。グロシーンも結構ありますが、人々のために奮闘した主人公の勇姿を、是非ご覧になってみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※ベン・キングズレー・・・本作では、モーゼを導く長老・ヌン役。渋くて存在感のある役柄が多い方で、「エンダーのゲーム」や「ヒューゴの不思議な発明」、「ディクテーター 身元不明でニューヨーク」なんかに出ていらっしゃいます。最新作では「ナイト・ミュージアム3」にも登場するそうなので、そちらも要注目です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/