THE NEXT GENERATION パトレイバー 第7章 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

単体で観るのは不向き。まとめ&序章。


2015年1月10日公開
監督:押井守
出演:真野恵里菜・福士誠治・筧利夫 他


【賛否両論チェック】

賛:これまでの軌跡を振り返りつつも、次回の壮大な戦いへの序章を堪能出来る。
否:あくまでも総集編と次への始まりとなるストーリーなので、本作だけ観てもあまり意味がなく、全然分からず終わってしまう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・総集編の中であり
怖シーン・・・なし


 アニメや小説にもなった「機動警察パトレイバー」。その実写映画化です。主演は真野恵里菜さん。続き物で、今回はその第7章です。


 前半はこれまでの全6章の総集編。特車二課が巻き込まれてきた事件の数々を、整備班班長・シバシゲオ(千葉繁)のナレーションで振り返ります。


 後半はエピソード12「大いなる遺産」。現在の特車二課は、“無能”と呼ばれて久しい3代目。先代の隊長は謎の失踪を遂げており、
「特車二課を守るため、“時限爆弾(=容易に触れられない機密)”を遺していった。」
と、まことしやかに噂されていました。そんな中、警視総監が前立腺ガンで倒れ、後釜の人選が取り沙汰されるようになります。この機に総監の座を狙う警備部長(渡辺哲)でしたが、総監からは、
「身辺整理をする必要がある。」
と釘を刺されてしまいます。すぐに特車二課のことだと察した警備部長は、策を練り始めます。


 一方、“遺産”について何かを知っている素振りのシバは、隊長・後藤田(筧利夫)に、
「あんたには、守るべきものがあるかい?」
と問いかけます。そしてそんな後藤田の下には、先代の隊長・後藤の電話番号が入った携帯電話が届けられるのでした・・・。


 今回は上映時間が45分と、かなり短い章です。前半が総集編で、後半が次の長編映画への序章なので、本作だけ単体で観るのはあまりオススメ出来ません。あくまでもシリーズをご覧になってきた方向けの作品です。“守るべきもの”は何なのか。そして本当の“正義”とは。そんな深くて難しい話も、全て次のストーリーへの布石となっていきます。


 次の長編版もご覧になる予定の方は、是非チェックしてみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※エピソード12の冒頭のシーン・・・冒頭の国連軍が駐留している戦地のシーン。よく特撮ヒーローモノの戦闘シーンで登場する広大な廃墟です。「ライアーゲーム 再生」や「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」でも撮影に使われています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/